新プラットフォームDNGAを採用し、全て刷新されたダイハツロッキーの魅力に迫る

ロッキーアイキャッチ 新車レビュー

2019年11月5日より、ダイハツより小型SUVのロッキー(DAIHATSU ROCKY)が発売された。全長3,995mm全幅1,695mm全高1,620mmの5ナンバーサイズSUVであるロッキーは、ダイハツのDNGAのAプラットフォームを初めて採用したモデルにもなっている。

TVCMでは、CMキャラクターである窪田正孝さんが登場しており、異星人からロッキーの乗り心地や加速性能の良さなどを話しているのが特徴的なCMでしたね。

ロッキーCM
CMに出演している窪田正孝さんと、異星人!?

小型SUVながら本格的な走りや、最新のハイテクを搭載したロッキーの魅力に迫る。

ロッキーの価格は、170万5,000円~242万2,200円

DNGAプラットフォームをベースに全ての性能を向上させ新たなジャンルを確立させる

ダイハツロッキーは、ダイハツの新型プラットフォームDNGAのコンパクトカー用のDNGA-Aプラットフォームを採用した第1号車となる。

ロッキーDNGA
ロッキーに採用されるDNGAプラットフォーム

新しいプラットフォームとサスペンションを刷新させ乗り心地と安定感を実現させている。更に新開発されたCVTを採用し、優れた燃費や静粛性、走りの面白さにも磨きをかけます。

ダイハツロッキーに搭載されているエンジンは、1.0L直列3気筒ターボエンジンのみで、ハイブリッドモデルは存在しない。

ロッキーに搭載されている1.0Lターボエンジンは、軽快な走りと、パワフルなパワーを持つエンジンで様々なシーンでも疲れを感じさせない軽快なフットワークさ取り柄だ。

ロッキーエンジン
ロッキーに搭載される1KR-VETエンジン

新開発のCVTは、変速比をワイドレシオ化した「D-CVT」と呼ばれるCVTを組み合わせ、エンジンの回転数をしっかりコントロールするCVTで静粛性と燃費向上に役立っている。

好みのシフトチェンジができるシーケンシャルシフトの採用や、D assist切り替えによるパワーモードを選択するとエンジンとCVTのプログラムが切り替わり、ストレスのない加速力を発揮できる。

ロッキーD-CVT
D-CVT

ロッキーの燃費は、JC08モードで21.2km/L(4WD)~23.4km/Lと高い燃費性能が伺える。

本格的なオフロードでも威力を発揮する4WDシステム

ロッキーの4WDモデルでは、ダイナミックコントロール4WDと称される新開発の4WDシステムを搭載していて、本格的なオフロードや燃費の向上まで賢い機能盛りだくさんの4WDシステムだ。

通常では、燃費を優先して前輪駆動状態で走り、滑りやすい路面や、旋回時の滑りやすい路面などには後輪にも最適なトルクを配分し、トルク配分と合わせてブレーキ制御と協調することにより、安定した旋回が可能となっている。

ロッキー4WD
4WD作動状態を確認できる

マルチインフォメーションメーターで4WD作動状態が確認できる。

【RUIYA】 新型 ダイハツ ロッキーDaihatsuRocky 専用 ドリンクホルダー カップホルダー 小物入れ コンソールボックス収納トレイ コンソール 内装パーツ ラバーマット (赤)

  • 適合車種: 新型 ダイハツ ロッキーDaihatsuRocky
  • カップホルダー:高品質ABS樹脂製 (耐高温)
  • 装着簡単:はめるだけで違和感なく装着できます(取り外しも楽です)。
  • カップホルダーだけでなく、携帯入れやカード収納ケース 収納スペースを便利に活用して、小物の取り出しもやすくになります。
  • 出荷前にすべての製品を慎重に検査しているため、ご安心してお買い求めください。

コンパクトSUVらしからぬ広い室内空間を持ち、日常使いも趣味でも便利なラゲージルーム容量

ダイハツ ロッキーは、全長4,000mmに至らないボディサイズながら、前後席の感覚は900mm確保しており、後席には足を組んで乗れるようなスペースをもたらしている。乗員全員が快適に移動ができる。

ロッキー後席空間
ロッキーの車内空間

荷室も、369Lとロッキーのボディサイズからは想像できない広大な荷室が備わっている。日常使いからアウトドアでも様々な荷物に対応する。

ロッキーラゲージルーム
ロッキーのラゲージルーム

安全性能を充実させ、日常からロングドライブでの負担軽減、安全安心をドライバーに与える

日常使いから、ロングドライブなどのシーンでも予防安全してくれる機能がロッキーにも満載だ。

踏み間違いを抑制する機能はもちろん、歩行者を検知し衝突を未然に防ぐ機能等日常から使いたい方にも安心して乗れるし、ロングドライブ時にはACC(アダプティブクルーズコントロール)により作動時は、クルマが車線中央からはみ出さないようにハンドル操作をアシストしてくれると同時に、前車に追従していくタイプになるので、ロングドライブの疲労軽減になる。

ロッキースマアシ
ダイハツのスマートアシスト(スマアシ)

利便性が散りばめられたロッキーの車内空間は、収納性も抜群

ロッキーの車内には、至る所に使い勝手の良い機能を持たせている。

運転席と助手席にはドリンクホルダーが備えられ、様々なポケット類や収納ボックスを備え付け、センターコンソールボックスの後部にはUSBソケットが2口搭載される。

ロッキードリンクホルダー&USBソケット
左:ドリンクホルダー 右:USBソケット

シートバックポケットや助手席シートアンダートレイなど、細かいところにも収納が盛り込まれていて、便利さに応える。

ロッキーシートバックポケット&助手席アンダートレイ
左:シートバックポケット 右:助手席シートアンダートレイ

Mixsuper 新型 ダイハツ ROCKY ロッキー 3Dラゲッジマット A200S 210S型 2019.11~ トランクマット 3Dラゲージトレイ TPO素材 純正交換 車種専用設計 防水 耐摩擦 耐汚れ 立体カーゴマット ブラック (新型 ダイハツ ROCKY 2019.11~, ブラック)

  • ※重要情報※ この商品はAutomaster-JP【公式サイト】が出品/販売します。必ず出品者名【Automaster-JP】をご確認の上ご注文をお願いいたします。 なお、【Automaster-JP】以外の販売業者は全て詐欺業者ですのでご注意してくだい。
  • 1.【適合車種】: 新型 ダイハツ ROCKY ロッキー A200S/210S型 (年式:2019.11~)。 2.荷物を載せる時、トランクが常に汚れや傷付きになってしまいました。その為、本社は高品質のTPO素材を使用して防水性と耐摩擦性を実現しました。
  • 3.【3Dタイプ】:3D立体構造のお掛けで車が運転している途中でも、飲み物などが溢れっても水やジュースなどはマットの外への侵入を防止します。
  • 4.【整理簡単】:トヨタ ライズ新型専用デザインの為、脱着も簡単にできるし、砂や泥などが付けても簡単にお手入れできる撥水加工を施します。

新ジャンルで挑んできたロッキーの底力

ダイハツ ロッキーは、スタイリングもコンパクトでありながらフロントマスクは精悍でフロントグリルの大開口なスタイルでダイナミックさを感じさせるし、リヤビューは正統派アメリカンSUVというようなどっしりとしたデザインが印象である。

ロッキー前後
左:大開口のグリル 右:リアビュー

それでいて、4WDモデルは本格的なオフロード走行が可能だし、燃費も2WD車とさほど変わらないので、ロッキーは4WDモデルをおすすめする。

DNGAに基づく設計の中、この様なコンパクトSUVは市場で人気が出ること間違いなしと思う。現状やはりSUV人気というのは上昇傾向にあり、まだまだ人気中心のジャンルである。

小型SUVの販売台数首位のホンダヴェゼルがあるが、ヴェゼルよりも一回り小さいロッキーは、「超小型SUV」という新しいジャンルの礎になると勝手に予想させてもらう。

ダイハツがこのロッキーを発表してきた思惑は、ダイハツの技術の進歩やこれまでの購買層に向けた安心して乗れる良いサイズのクルマを提供したい気持ちがあると勝手に推測してみる。

ロッキーは、必ず流行しカスタマイズパーツなども増えていき、ユーザー層にもうけるクルマになっていくだろう。

コメント

タイトルとURLをコピーしました