違反歴のある75歳以上の運転免許保有者は、免許更新時に技能検査を義務付けへ。加えて新たな限定免許を新設。 あおり運転についても今夏より罰則を強化へ

道交法改正案 車の情報

2020年3月3日、高齢者のドライバーの事故対策に向けた道路交通法改正案が閣議決定された。
主に、一定の違反・事故歴のある75歳以上のドライバーが運転免許の更新を行う際に、技能検査を義務付け、基準に達しない場合は免許の更新を認めないことを決定した。

この改正案は、今の国会に提出され成立すれば再来年の2022年にも施工される見通しである。

あおり運転に関しても現在、定義はなく警察は適正な車間距離を取らない等の違反について取り締まりを行っている為、警察庁は厳罰化に向けた道交法の改正を検討してきた。

実車試験の対象者について

改正案は、75歳以上で一定の違反・事故歴の内訳は「道路における交通の危険を生じさせる恐れがある者」と定義され、該当する交通違反や事故の内容については今後協議し決定していくが、今のところ、スピード違反や信号無視などが想定されている。

交通取り締まり

技能検査試験の要項

受験可能期間は、普通免許の更新期限の6か月前から何度でも受験可能で、技能検査試験を受ける場所については、各都道府県警察の運転免許試験場や自動車教習所となる見込みで、試験結果が基準に達しない場合、免許の更新を不可とする。

運転試験義務化
認知機能検査を受ける前に運転技能検査を義務化する

しかし、実車技能検査試験に合格しても、2017年3月12日より施行開始された認知機能検査を行い、認知症と診断された人は免許取り消しとなる。試験内容や受験費用などに関しては今後決めていく。

AMUZ 道路交通法適合品 高齢運転者マーク 反射タイプ マグネット 2枚 KD-22

  • 本体サイズ:143×145(mm)
  • マグネットタイプ
  • 反射シート仕様
  • 2枚入

自動ブレーキなどの安全機能搭載車(サポートカー)のみ運転が可能である限定免許を新設

限定免許は、任意として年齢に関係なく希望すれば普通免許から切り替えられる(新規で運転免許を取得する方でも最初から選択も可能としている)

運転に不安がある人にとっては免許返納以外の選択肢となる。クルマに求める運転サポート機能の具体的な要件は国土交通省が策定中の自動ブレーキの性能基準などを参考にする。

自動ブレーキ
自動ブレーキのイメージ

あおり運転についても今夏、罰則を強化し施工へ

ここ最近、ニュースでも話題になる機会が多くなっている危険なあおり運転について、警察庁が最高で5年以下の懲役にするなど、罰則を強化した道交法の改正案をまとめ、今夏にも施工されることとなった。

3日に閣議決定された改正案では、高速道路上で故意に他のクルマを停止させるなどの危険を生じさせた場合は、最高で5年以下の懲役または100万円以下の罰金を科すとしている。
具体的な違反行為は、通行を妨害する目的で蛇行運転をしたり、むやみにクラクションを鳴らすなど、さらに急ブレーキや幅寄せ行為などを規定としている。

あおり運転

あおり運転を行った場合は、行政処分による免許取り消しの対象となり、さらに一定期間は免許を再取得できなくなる。

ここ近年、ニュースでクローズアップされる道路上での事故や事件に関する規制を強化

ここ最近、高齢者ドライバーのアクセルとブレーキの踏み間違いで、事故を起こしたり逆走してしまい重大な事故を起こしてしまったり、あおり運転に関しての報道が連日されていても現状、2019年には全国で1万5,065件に上り、2018年比2,000件余り上回っていて件数が少なくなる事はない。

社会現象となりつつある、この問題に対しての政府の規制強化については筆者も同意する。ここ2,3年でクルマ自体が予防安全機能が発展していることもあり、踏み間違いによる事故は抑制しやすくなっているので、今後も引き続きクルマの進化に期待していきたい。

あおり運転に関してはドライブレコーダーの急激な普及により、減少傾向にあると思えたが、上記にあるように2019年は前年比2,000件増加しているので、まだまだあおり運転が少なくなっていることではない。今回の道交法改正は、あおり運転に対して厳罰となっているので、効果はありそうだ。あおり運転の予防策として、クルマのリアガラスに「録画中」などのステッカーも効果的であると思うので、被害者になる前に周りに忠告する努力は引き続き強化していくべきだろう。

【令和最新型】ドライブレコーダー 前後カメラ 高画質 32Gカード付き 1080PフルHD 2カメラ 170度広角 LED信号機対策 スーパーナイトビジョン 操作簡単 上書き機能 WDR技術 防犯カメラ Gセンサー搭載/駐車監視/動体検知/ループ録画/高速起動/緊急録画/高温保護/ドラレコ 車載カメラ 暗視機能 日本語説明書付き

  • 🌐【令和2年最新改良型!前後カメラ・フルHD】事故の際に証拠となるドライブレコーダーは、「相手のナンバーが読み取れるかどうか」が重要です。長年の研究とすべてのお客様のフィードバックをもとに、やっと最新改良型のドライブレコーダーを開発完了しました。進化版として、前後2カメラが付いており、解像度は1920×1080PフルHD、画素数は200万画素以上のもので運転時や事故の瞬間を鮮明に記録できます。又、5車線幅の道路もしっかり記録してくれる170度広角レンズを採用しているタイプにより、事故の前後に起こったことを把握できるエリアが広くなります。そのほか、音声の記録も可能で、事故の発生状況を客観的に判断することができます。                                              
  • 🌐【夜間でも鮮明な映像・WDR技術】Hihiccupドライブレコーダーは従来製品とは異なりスーパーナイトビジョンに対応するだけでなく、WDRワイドダイナミックレンジ機能を備えています。イメージセンサーに夜間の撮影に強いSONYセンサーと、画像や映像を補正する技術「WDR」を搭載しているため、昼夜を問わず、場所にも関わらず、ナンバープレートまで細部の情報を鮮明で綺麗に撮れます。夜景や夕日の撮影にも大きな効果を発揮しますので、防犯目的だけではなく、趣味でドライブ映像をドライブレコーダーで撮影するという人にもお勧めいたします。                                              
  • 🌐【便利な機能が満載・エンジンと連動】ドライブレコーダーはGセンサー、駐車監視、動体検知、常時録画、衝撃録画、ループ録画、自動電源オフなどに対応しています。高感度のGセンサー機能を搭載することにより、衝撃を感知すると自動でトラブル発生時のデータを保護資料として記録され、上書きを防止してくれるため安心です。駐車した後電源が入れない状態で、衝突を感知したら自動的に10秒間録画を開始する駐車監視機能も備えています。又、このドラレコは、車のエンジンと連動して撮影のオン・オフが可能な最新モデルです。ドラレコの本体を操作する必要がないので、うっかりして録画を忘れてしまうことがありません。                                              
  • 🌐【高解像度液晶モニター・駐車補助】3.0インチIPS高解像度スクリーンの液晶モニター搭載するため、向きや撮影範囲を確認しながら取り付けをするだけでなく、その場で映像確認が可能なので、警察などにドライブレコーダーの映像を見せることもできます。また、防水リアカメラの赤ケーブルをバックランプの正極に接続すると、バックギア入力時に、画面には自動でリアカメラに切り替えて、最も良い視界角度を調節されます。バック補助線を見ながらの運転が可能になるので、駐車がスムーズに行えます。                                              
  • 🌐【LED信号対応・コンパクトで取付簡単】LED信号機とドライブレコーダーの撮影周期が一致すると、信号機が消灯しているように映る場合がありますが、本製品は50Hz (東日本) 60Hz (西日本) の周波数切替設定が可能なので、東日本 / 西日本の異なる電源周波数でもしっかり録画します。それに、重さ60g、横幅8.5cmの超軽量・コンパクト設計なので、視界の妨げにもならず、車内の高級感を阻害することもありません。取付も簡単で、吸盤式のマウントをフロントガラスに固定して、シガーソケットにケーブルを接続するだけで完了!基本性能も高い上、取り付け自由度も高く便利ですので、初心者にも女性にも年配の方にも是非弊社の高画質ドライブレコーダーがおすすめます。
録画中

2020年4月1日より改正道路交通法が施工されます

コメント

タイトルとURLをコピーしました