showono

車の情報

羽田空港第2旅客ターミナルにある、伝説の立ち食いそば屋「The Minatoya Lounge」に行ってきました~メルセデスオーナーならではの特典も~

こんにちは、SCPです。 かつて、虎ノ門に店を構えてた行列のできる立ち食いそば屋「港屋」が、2021年4月27日より羽田空港第2旅客ターミナルにて「The Minatoya Lounge」としてオープンしました。
車の情報

スバル フォレスターが大幅改良モデルを公開!8月の発表に向け先行予約開始。

こんにちは、SCPです。 2021年6月14日、スバルは同社の人気SUVのフォレスターの大幅改良モデルを発表し、日本国内のスバル販売店で先行予約を開始すると発表がありました。 スバル車の特徴として、毎年マイナーチェンジをするのが他メーカーにはないサイクルでもあり、現行型のフォレスターでは
車の情報

セダン離れの加速が止まらず、日産のセダンは絶滅に向かっていく?

ここ近年のクルマ事情で、人気のボディタイプといえば圧倒的に「SUV」となっており、街中でもほとんどがSUVといっても過言ではないほど、人気の高さが続いている状況である。 10年以上前のSUV(この当時、SUVというジャンル分けよりもRV車というほうがしっくりくるかも)は、筆者のイメージだと無骨
車の情報

クルマの後方カメラ装着が義務化。車両後退時の事故防止に向けた国際基準を導入へ

2021年6月9日、国土交通省より道路運送車両の保安基準、道路運送車両の保安基準の細目を定める告示等の一部改正によって、「後退時車両直後確認装置」の装着義務化することとなった。 この「後退時車両直後確認装置」とは、国土交通省の公示によると、バックカメラ、検知システム又はミラーと記載されているが、一般的には「バックカメラ」を想像して頂ければ問題ない。
新車レビュー

日本のみならず、海外市場でも人気を博している日産マーチ。先進技術も充実し、コンパクトならではの扱いやすさもグッド。

日産マーチ(MARCH)は、初代モデルが1982年に登場し、現行型である4代目は2010年より販売されている、日産コンパクトの礎を作ったクルマになります。 日本市場での知名度は言わずもなが、海外市場にも展開しており、日本では未導入で...
新車レビュー

マイナーチェンジによって、さらにSUVらしいフォルムを持ち先進技術も充実したフォルクスワーゲン ティグアン

フォルクスワーゲン ティグアン(volkswagen Tiguan)は、2016年より2代目となる現行型となり、5年目を迎える2021年5月にマイナーチェンジを行った。 日本市場における、フォルクスワーゲンのSUVラインナップでもフラッグシップモデルとなっているが、
車の情報

クルマの中でも快適なインターネット空間を生み出す、車内wi-fiのおすすめ

こんにちは、SCPです。 みなさん、クルマの中でもデータ量を気にせずに快適なインターネット空間が欲しいなぁ。と思ったことはありませんか? 1人で乗るときには、音楽アプリなどを使って音楽を楽しみながら運転したり、複数人やお子さんなどを連れてお出かけなどに、youtubeなどを使ってみんなが盛り上がる動画や、お子さんを移動時に楽しませたいと思ったことがあると思います。
新車レビュー

新感覚のドライビングプレジャー、先進的装備が新たなステージへと誘うプジョー e-2008

プジョー e-2008(PEUGEOT e-2008)は、2019年2代目となる2008と同時に販売を開始したフルEV小型SUVだ。 フランス車メーカーの中でも、特にEV化が進んでいるプジョーだが、現在のラインアップの中でEVモデルを過半数以上設定があり、EVモデルが急速に広まりつつあります。
車の情報

新型アウトバックが、いよいよ今秋デビュー!全体的に刷新され、全体的に質感の高いものへ

2021年1月24日に、受注を停止していたスバルのフラッグシップモデルである「アウトバック」が、今秋に新型モデルがデビューすることが分かりました。 次期型アウトバックについては、2019年4月にニューヨークオートショーで新型アウトバックがワールドプレミアされており、すでに北米やオセアニアにおいて販売を開始している。
車の情報

装着している人が減っている?ドアバイザーのメリット・デメリットと、コロナ禍におけるドアバイザーの注目が再燃?

こんにちは、SCPです。 国産車において装着率が60%以上もあるクルマの定番オプション、それが「ドアバイザー」だ。 このドアバイザーは、車を購入する際などの見積りに、高確率で記載されているオプションの1つでもある。 みなさんも、こんな経験したことないですか?
タイトルとURLをコピーしました