2020年度 自動車の安全性能評価でスバル レヴォーグが大賞受賞!

車の情報

こんにちは、SCPです。

自動車の安全性能を評価・公表する「自動車アセスメント」において、最高評価にあたる「ファイブスター賞」を6車種が獲得した。

この中でも、スバル レヴォーグが最高得点を獲得し「ファイブスター大賞」を受賞しました。

国土交通省と、独立行政法人 自動車事故対策機構(NASVA)では、ユーザーが安全性の高い自動車を選択しやすい環境を整備するとともに、メーカーに対してより安全な製品の開発を促すため、毎年、販売台数の多い車両を中心に、自動車の安全性能に関する様々な評価試験を行い、結果を公表する「自動車アセスメント」を実施している。

今回は、2020年度における自動車安全性能の評価結果についてお伝えします。

あなたのサイトのURL、そろそろスリムにしませんか?

自動車アセスメントの概要(対象車両・評価試験項目一覧)

2020年度ncap ロゴ

自動車アセスメントは、自動車等の安全性能の評価・公表を行うことによって、ユーザーが安全な車選びをしやすいようにし、車を作るメーカーのより安全な車の開発を促進するために自動車アセスメント事業を平成7年度より実施している。

独立行政法人 自動車事故対策機構(NASVA)が、市販されている自動車を対象に、衝突時の乗員の被害軽減性能、予防安全性能等の比較試験を行い、その結果を公表している。

市販されている自動車を対象というのは、販売台数が多い車両を中心に評価試験の対象車種として設定している。

2020年度における試験車両

2020年度に評価を行った自動車は、乗用車6車種、軽自動車4車種の計10車種から構成された。

乗用車6車種

評価対象となった乗用車はトヨタからは、ヤリス・ヤリスクロス・ハリアーの3車種、ホンダはフィット、日産はキックス、スバルからはレヴォーグとなっている。

軽自動車4車種

評価対象となった軽自動車は、日産からはデイズ/デイズ ハイウェイスター、ダイハツからタフト、三菱からekワゴン/ekクロス、スズキとマツダではハスラーと、マツダ版ハスラーのフレア クロスオーバーが試験対象車両となっている。

評価試験項目一覧

2020年度ncap 衝突テスト

評価試験項目には、大きく3項目から構成され、その中でも細かく項目が設定されている。

衝突安全性能評価

・フルラップ前面衝突試験
・オフセット前面衝突試験
・側面衝突試験
・後面衝突頸部保護性能試験
・歩行者頭部保護性能試験
・歩行者脚部保護性能試験
・シートベルトの着用警報装置試験

衝突安全性能評価については、以上の7項目となっている。

予防安全性能評価

・衝突被害軽減ブレーキ性能試験(対車両)
・衝突被害軽減ブレーキ性能試験(対歩行者 昼間)
・衝突被害軽減ブレーキ性能試験(対歩行者 夜間)
・車線逸脱抑制性能試験
・後方視界情報性能試験
・高機能前照灯
・ペダル踏み間違い時加速抑制装置性能試験

予防安全性能評価についても、以上の7項目となっている。

事故自動緊急通報装置の有無

事故が起きたときに、車両自体が自動で警察や消防に連絡を取り、位置情報などを活用して緊急通報を自動で通報する仕組みがあるかないか。

このような、様々な試験を行い評価結果を出します。

2020年度 自動車安全性能評価結果

2020年度、自動車安全性能評価結果で、衝突安全性能と予防安全性能において最高ランク(Aランク)で、事故自動緊急通報装置を搭載した車種は以下の6台が選出されました。

スバル レヴォーグ[ファイブスター大賞受賞]

2020年度ncap レヴォーグ

スバル レヴォーグが2020年度 自動車安全性能評価で最高得点(186.91/190点)を獲得し、ファイブスター大賞を受賞となり、日本で一番安全性能が高い車種となった。

トヨタ ハリアー[ファイブスター賞]

2020年度ncap ハリアー

トヨタ ハリアーが、自動車安全性能評価で177.68/190点で、ファイブスター賞に輝きました。

日産 デイズ/デイズ ハイウェイスター[ファイブスター賞]

2020年度ncap デイズ

軽自動車部門から、日産 デイズ/デイズ ハイウェイスターが、自動車安全性能評価で175.72/190点で、ファイブスター賞に輝きました。

トヨタ ヤリスクロス[ファイブスター賞]

2020年度ncap ヤリスクロス

トヨタ ヤリスクロスが、自動車安全性能評価で175.70/190点で、ファイブスター賞に輝きました。

ホンダ フィット[ファイブスター賞]

2020年度ncap フィット

ホンダ フィットが、自動車安全性能評価で174.40/190点で、ファイブスター賞に輝きました。

トヨタ ヤリス[ファイブスター賞]

2020年度ncap ヤリス

トヨタ ヤリスクロスが、自動車安全性能評価で173.41/190点で、ファイブスター賞に輝きました。

【コーティング車向けおすすめ洗車セット】Surluster(シュアラスター) カーシャンプー1000、ウォッシンググローブ、水滴拭き取りクロス

カーコーティング車に最適なカーシャンプーを含む、洗車グローブと拭き取りクロスがセットになっており、届いた瞬間から洗車がすぐに行なえます。

さいごに

2020年度、自動車安全性能評価の結果についてお伝えしましたが、いかがだったでしょうか?

ファイブスター賞を獲得した車種は、10車種中6車種と近年の自動車安全性能の高さが伺えました。

筆者は、スバル フォレスターも所有しているため、個人的にはスバル車がファイブスター大賞を受賞した事に対し、嬉しく思っています。

フォレスターも2018年度自動車アセスメントで、衝突安全性能評価大賞を受賞している経歴からスバル車の安全性が他車種でも認められていることになります。

自動車を購入する際には、それぞれの購入におけるポイントがあると思います。

安全性能が良い車を選ぶことも、重要な項目となっているので、これからクルマを購入する予定のある方は、是非参考にしていただければと思います。

それでは、最後まで読んで頂きありがとうございました。

参考URL:https://www.mlit.go.jp/report/press/jidosha07_hh_000375.html

コメント

タイトルとURLをコピーしました