まるで、ハスラーの兄貴分?スズキのコンパクトSUVのクロスビー(XBEE)について

新車レビュー

スズキ クロスビー(XBEE)はクロスオーバーSUV型のコンパクトカーである。

そのエクステリアは、同社の人気軽クロスオーバーSUVハスラーを一回り大きくしたサイズという表現が相応しいエクステリアデザインが特徴である。

ハスラーについてはこちら

しかしながら、クロスビーはハスラーとは全く異なるコンセプト下で造られており、大人5人が乗れるワゴンの広さとSUVらしい走破性を両立した新ジャンルとして、このクロスビーを生み出している。

しかし、ユーザーには支持される結果となりクロスビーはスズキの国内販売に貢献する形となり成功を収めている。

今回は、人気車種であるクロスビーについてお伝えします。

クロスビーの価格は

HYBRID MX179万8,500円(2WD)194万3,700円(4WD)
HYBRID MX(2トーンルーフ仕様/3トーンコーディネート仕様)184万2,500円(2WD)198万7,700円(4WD)
HYBRID MZ204万0,500円(2WD)218万5,700円(4WD)
HYBRID MZ(2トーンルーフ仕様/3トーンコーディネート仕様/スターシルバーエディション)208万4,500円(2WD)222万9,700円(4WD)

車名の由来は、「ワクワクするクロスオーバー」を英訳した「X(CROSS OVER)to Be Exciting」からの造語である。

お名前.com
  1. 1.0L直噴ターボエンジンにマイルドハイブリッドを採用し、パワフルかつ低燃費で気持ちの良い走りに貢献する
    1. 組み合わされる6速ATにより、エンジンの伝達効率を高めている
    2. どんな路面状況でもクリアする、4WDシステム
      1. スポーツ
      2. スノー
      3. グリップコントロール
      4. ヒルディセントコントロール
  2. スズキセーフティサポートを採用し、様々な技術で運転をサポート
    1. デュアルセンサーブレーキサポート(HYBRID MZ、HYBRID MX スズキセーフティサポートパッケージ装着車)
    2. 誤発進抑制機能(HYBRID MZ、HYBRID MX スズキセーフティサポートパッケージ装着車)
    3. 後退時ブレーキサポート(HYBRID MZ、HYBRID MX スズキセーフティサポートパッケージ装着車)
    4. 後方誤発進抑制機能(HYBRID MZ、HYBRID MX スズキセーフティサポートパッケージ装着車)
    5. 車線逸脱警報機能(HYBRID MZ、HYBRID MX スズキセーフティサポートパッケージ装着車)
    6. ふらつき警報機能(HYBRID MZ、HYBRID MX スズキセーフティサポートパッケージ装着車)
    7. 先行車発進お知らせ機能(HYBRID MZ、HYBRID MX スズキセーフティサポートパッケージ装着車)
    8. ハイビームアシスト(HYBRID MZ、HYBRID MX スズキセーフティサポートパッケージ装着車)
    9. 全方位モニター用カメラ(メーカーオプションによる全方位モニター用カメラパッケージ装着車)
  3. 衝突安全
    1. 軽量衝撃吸収ボディーTECT(テクト)
    2. 6つのエアバッグ
  4. 自由自在なシートアレンジによって、乗員の確保をしながら多くの荷物を載せれる
    1. 2人乗車+後席フラット
    2. 1人乗車+助手席、後席フラット
    3. 3人乗車+後席片側フラット
  5. 快適装備
    1. 細かなシートポジション設定ができるので、運転者を選ばない
    2. ドアの3段階オープン
    3. ライト自動消灯システム(HYBRID MZに標準装備・HYBRID MXにセットでメーカーオプション)
    4. 前席シートヒーター
  6. さいごに

1.0L直噴ターボエンジンにマイルドハイブリッドを採用し、パワフルかつ低燃費で気持ちの良い走りに貢献する

クロスビー K10C型ブースタージェットエンジン

スズキ クロスビーには優れた燃費性能とハイパワーを両立するK10C型ブースタージェットエンジンを搭載し1.5L自然吸気エンジン並みの高出力・高トルクを実現したことで、街乗りからスポーツドライブまで、様々な走行シーンに対応しました。

クロスビー ISG(モーター機能付発電機)

発電効率に優れたISG(モーター機能付発電機)により、減速時のエネルギーを利用して発電しアイドリングストップ車専用鉛バッテリーと専用リチウムイオンバッテリーに充電します。

減速時など約9km/h以下になるとアイドリングストップが働いてエンジンが停止し、そして加速時には充電した電力を活かしてモーターでエンジンをアシストすることで、発進時のもたつきを減少させ、さらには燃費の向上を実現する。

組み合わされる6速ATにより、エンジンの伝達効率を高めている

力強い走りを実現する6ATを採用することで、発進時の力強い加速や登坂性能、そして高速走行時の燃費性能を両立させている。

CVTなどの無段変速機ではないため、ATの特性を活かしたアクセル操作への素早いシフトレスポンスを味わうことが可能となっている。

クロスビー パドルシフト

さらにステアリングホイールのマニュアルモード付パドルシフトを操作すれば、指先での素早いシフトアップ及びシフトダウンが可能なので、運転者の思いのままにスポーティーな走りが楽しめるのもうれしい機能だ。

どんな路面状況でもクリアする、4WDシステム

クロスビー 4WDシステム

舗装された路面はもちろん、滑りやすい雪道や荒れた路面などでも、いざというときに安心して走ることができる4WDシステムを採用することで、路面状況にあわせて様々なシチュエーションで走行可能となっているので、行動範囲がより一層広がり運転者に安心を与える。

スイッチ操作で簡単に切り替え可能となっている4つのモードを搭載している。

スポーツ

クロスビー スポーツ

力強いトルクを発揮し、エンジン回転数を高めにキープする設定になりパワフルでスポーティーな走りを実現する。

スノー

クロスビー スノー

必要以上のエンジントルクを抑制し、タイヤの空転を抑えることで、雪道やアイスバーンでのスムーズな発進・加速をサポートします。

グリップコントロール

クロスビー グリップコントロール

ぬかるみや滑りやすい路面などで、タイヤの空転が発生した車輪のブレーキ制御を早めかつ強くすることで発進をサポートする。

ヒルディセントコントロール

クロスビー ヒルディセントコントロール

急な下り坂で、ブレーキ操作をしなくても自動的に車速を約7km/hにコントロールし車速を制御する。

スズキセーフティサポートを採用し、様々な技術で運転をサポート

クロスビー スズキセーフティサポート

クロスビーにも、スズキの予防安全技術であるスズキセーフティサポートを採用する事で、事故そのものを未然に防ぎます。

クロスビー JNCAP

尚、2018年度JNCAPによる衝突安全ファイブスターと予防安全にはASV++を獲得し、お墨付きの安全性能を誇る。

デュアルセンサーブレーキサポート(HYBRID MZ、HYBRID MX スズキセーフティサポートパッケージ装着車)

クロスビー デュアルセンサーブレーキサポート

前方の車両や歩行者を検知し、衝突のおそれがあると判断すると、ブザー音やメーター内の表示によって運転者に警告をする。

ブレーキペダルを踏むと、ブレーキ踏力をアシストし、衝突の可能性が高まると自動で強いブレーキをかけ、衝突の回避または衝突時の被害軽減を図る。

誤発進抑制機能(HYBRID MZ、HYBRID MX スズキセーフティサポートパッケージ装着車)

クロスビー 誤発進抑制機能

駐車場などで、前方に壁などがあるにも関わらずシフトをD・M(前進)の位置でアクセルペダルを強く踏むと、最長約5秒間エンジン出力を自動的に抑制するので、急発進や急加速を抑えて、踏みまちがいなどによる衝突回避に貢献する。

後退時ブレーキサポート(HYBRID MZ、HYBRID MX スズキセーフティサポートパッケージ装着車)

クロスビー 後退時ブレーキサポート

リヤバンパーに内蔵した4つの超音波センサーで後方の障害物との距離を測り、4段階のブザー音で障害物の接近を知らせする「リヤパーキングセンサー」を搭載している。

さらに、後方の障害物との衝突の可能性が高まると自動(衝突被害軽減)ブレーキが作動し、衝突の回避または衝突時の被害軽減を図る。

後方誤発進抑制機能(HYBRID MZ、HYBRID MX スズキセーフティサポートパッケージ装着車)

クロスビー 後方誤発進抑制機能

後方に障害物があるにも関わらずシフトをR(後退)の位置でアクセルペダルを強く踏み込むと、エンジン出力を自動的に抑制して急な後退を防止することで、うっかり誤操作による衝突回避に貢献する。

車線逸脱警報機能(HYBRID MZ、HYBRID MX スズキセーフティサポートパッケージ装着車)

クロスビー 車線逸脱警報機能

走行中に左右の区画線を検知して進路を予測することで、前方不注意などで車線をはみ出しそうになると、ブザー音などの警報によって運転者に注意を促す。

ふらつき警報機能(HYBRID MZ、HYBRID MX スズキセーフティサポートパッケージ装着車)

クロスビー ふらつき警報機能

走行中に左右の区画線を検知して、自車の走行パターンを計測し、車両が蛇行するなどシステムが「ふらつき」と判断した場合、ブザー音などの警報によって運転者に注意を促す。

先行車発進お知らせ機能(HYBRID MZ、HYBRID MX スズキセーフティサポートパッケージ装着車)

クロスビー 先行車発進お知らせ機能

停車中に、前のクルマが発進して約5m以上離れても停車し続けた場合、ブザー音や表示などによって、運転者に先行車の発進を知らせます。

ハイビームアシスト(HYBRID MZ、HYBRID MX スズキセーフティサポートパッケージ装着車)

クロスビー ハイビームアシスト

ヘッドランプをハイビームにして走行中、前方に対向車や先行車がいたり、明るい場所を走行すると自動でロービームに切り替わり、対向車や先行車がいなくなったり、周囲が暗くなると自動でハイビームに戻る。

全方位モニター用カメラ(メーカーオプションによる全方位モニター用カメラパッケージ装着車)

クロスビー 全方位モニター用カメラ

駐車する際、見通しの悪い場所や狭い道での運転を行ないやすく、フロント、リヤ、サイド2カ所の計4カ所に設置したカメラの映像を合成・処理し、真上から見ているような映像を映し出す。

クロスビー 3Dビュー
3Dビュー

死角となる車両の周辺の状況を確認するのも楽に行え、周囲を立体的に確認できる「3Dビュー」と、左右から人や物が近づくとお知らせする「左右確認サポート機能」を搭載し、安全確認を支援する。

スズキ純正 新型クロスビー(SUZUKI XBEE)【フューエルリッドガーニッシュ】適合【MN71S】//【HYBRID MS】【HYBRID MZ】

スズキ クロスビー専用のフューエルリッドガーニッシュになります。

給油口のドアに貼り付けるだけの簡単施工で、イメージがグッと変わります。

衝突安全

もしもの時の被害を最小限に抑える、スズキが考える安全対策

軽量衝撃吸収ボディーTECT(テクト)

クロスビー TECT

衝突時の衝撃を効率よく吸収・分散するボディー構造を採用することで、いざというときの衝撃に備える。

6つのエアバッグ

クロスビー 6つのエアバッグ

運転席・助手席エアバッグを全車標準装備。

また、フロントシートSRSサイドエアバッグとSRSカーテンエアバッグをHYBRID MZとHYBRID MX スズキセーフティサポートパッケージ装着車に標準装備している。

自由自在なシートアレンジによって、乗員の確保をしながら多くの荷物を載せれる

クロスビーには、ユーザーのライフスタイルに合わせて様々なシートアレンジを可能としている。

2人乗車+後席フラット

クロスビー 2人乗車+後席フラット

1人乗車+助手席、後席フラット

クロスビー 1人乗車+助手席、後席フラット

3人乗車+後席片側フラット

クロスビー 3人乗車+後席片側フラット

快適装備

運転のしやすさはもちろん、クロスビーには快適装備も充実させている。

細かなシートポジション設定ができるので、運転者を選ばない

クロスビー ドライビングポジション

前席のヒップポイントを高めに設定することで、見晴らしのよいアイポイントを実現している。

運転者が運転しやすい最適なドライビングポジションを作り出せるように設計しており、チルトステアリング、シートリフター、シートスライドにより、運転者の体格や好みに合わせてきめ細やかに調整が可能となっている。

ドアの3段階オープン

クロスビー ドア3段階オープン

ドアはフロント、リヤともに3段階に開くので、駐車場での乗り降りを考慮し、1段目の開き幅を小さめに設定しているので狭い駐車場などでも便利だ。

ライト自動消灯システム(HYBRID MZに標準装備・HYBRID MXにセットでメーカーオプション)

クロスビー ライト自動消灯システム

ライトスイッチがオートの位置でなくても、エンジンを切って運転席ドアを開けると自動でヘッドランプを消灯するシステム。

前席シートヒーター

クロスビー 前席シートヒーター

運転席と助手席には、座面にシートヒーターを標準装備しているので寒い冬でも、座面をあたたかく保つことができ快適にドライブが楽しめる。

参考URL:https://www.suzuki.co.jp/car/xbee/

伊藤製作所 クロスビー専用コンソールボックス ブラック 収納スペース XBC-1

機能性とデザイン性を追求し、専用設計なので純正のようなクオリティ。

携帯ホルダー、ドリンクホルダー付きで利便性の向上につながります。

さいごに

クロスビーについてお伝えしてきましたが、いかがだったでしょうか?

内容を見ていると、人気が出る理由が分かりますね。

エクステリアでは、既に人気のあるハスラーのようなデザインで、かわいさとクロスオーバーSUVらしいタフなイメージを兼ね備え、パワートレインも1.0L直噴ターボエンジンとマイルドハイブリッドにより、パワフルかつ低燃費な部分も、ユーザーの欲しい部分に合っていると思う。

ハスラーのようなデザインで、乗車定員や本格的な4WDシステムによる走破性能を需要としているユーザーにはぴったりと言えるパッケージングだと感じます。

実車を見てみると、確かにハスラーよりも大きなボディサイズでこれなら十分、どこに行くにも頼れる相棒となってくれる。

さらに、現代ではどこのメーカーでも重視している予防安全や衝突安全にも抜かりなくクロスビーに装備されているので、安全面も一押ししたい。

今後も、クロスビーの飛躍は期待できるので、さらに進化するのを見守っていきたい。

コメント

タイトルとURLをコピーしました