ますます安全装備が充実したスズキ スペーシアカスタム。上質なスタイリングに、広大な室内空間であなたの遊びが広がる

新車レビュー

スズキ スペーシアカスタム(SPASIA CUSTOM)は、2013年より販売されるスペーシアシリーズのスポーティモデルとして、販売される軽トールワゴンだ。

2017年より、現行型となる2代目スペーシア発表し、併せてスペーシアカスタムもラインアップされた。

今回、紹介するスペーシアカスタムは、2020年8月20日よりスペーシアシリーズを一斉に一部仕様変更がなされ、主に安全装備の強化がなされ、デュアルセンサーブレーキサポートからデュアルカメラブレーキサポートへの変更や、SRSカーテンエアバッグの装着グレードの拡大などによって、より乗員がスペーシアカスタムで安全に楽しむことができます。

それでは、スペーシアカスタムについてお伝えしていきます。

スペーシアカスタムの価格は

グレードトランスミッション価格(2WD)価格(4WD)
HYBRID GSCVT164万8,900円177万2,100円
HYBRID XSCVT176万4,400円188万7,600円
HYBRID XS TURBOCVT183万5,900円195万9,100円
  1. モーターによる優れた燃費性能と走りをアシストする走行性能
    1. マイルドハイブリッドの役割
    2. モーターアシスト/パワーモード
    3. ISG(モーター機能付発電機)
    4. 専用リチウムバッテリー
    5. 新アイドリングストップシステム
    6. 自然吸気エンジン(HYBRID GS・HYBRID XS)
    7. ターボエンジン(HYBRID XSターボ)
      1. パドルシフト[HYBRID XS ターボに標準装備]
  2. さらに強化された予防安全機能で安心や疲労軽減にもつながり、事故を未然に防ぐスズキ セーフティサポート
    1. 全車速追従機能付アダプティブクルーズコントロール(ACC)
    2. 車線逸脱警報機能
    3. ふらつき警報機能
    4. 標識認識機能[全方位モニター用カメラパッケージ装着車]
    5. 先行車発進お知らせ機能
    6. ハイビームアシスト
    7. ヘッドアップディスプレイ(フロントガラス投影式)[全方位モニター用カメラパッケージ装着車]
    8. 全方位モニター用カメラ(全方位モニター用カメラパッケージ装着車)
    9. エマージェンシーストップシグナル
    10. ヒルホールドコントロール
    11. ESP(車両走行安定補助システム)
    12. デュアルカメラブレーキサポート[全車標準装備]
    13. 誤発進抑制機能
    14. 後退時ブレーキサポート[全車標準装備]
    15. 後方誤発進抑制機能
  3. 万が一の衝突被害を軽減し乗員や歩行者を守る技術
    1. 軽量衝撃ボディーTECT(テクト)
    2. SRSエアバッグ
    3. 歩行者障害軽減ボディー
    4. チャイルドシート固定用アンカー/テザーアンカー
    5. 高性能シートベルト
    6. 頚部衝撃緩和フロントシート
  4. 進化したパワースライドドアをはじめ、車内で快適に過ごす装備
    1. パワースライドドア予約ロック機能
    2. スリムサーキュレーター[HYBRID XS ターボ・HYBRID XSに標準装備]
    3. エアコンルーバー(風量調整機能付)
  5. スペーシアの広大な室内空間は、開放感あふれるリラックス空間で乗員の寛ぎとレジャーを楽しむ多彩なシートアレンジで利便性能向上を図る
    1. 上質なシート
    2. ゆとりある広い室内
    3. 積み込みやすいラゲージルームと多彩なシートアレンジで寛ぎと積載性を向上
      1. 2人+大きな荷物・2人+長い荷物
      2. フルフラット
  6. さいごに

モーターによる優れた燃費性能と走りをアシストする走行性能

減速中に貯めた電力を利用して、モーターがエンジンをアシストします。

いつも通り運転するだけで、静かなエンジン再始動と低燃費な走りを可能にする。

マイルドハイブリッドの役割

スペーシアカスタム マイルドハイブリッドの役割

減速時のエネルギーを利用して発電し、専用の大容量バッテリーに効率よく充電し、貯めた電力を走行時のモーターによるエンジンアシストや電装品に利用することでガソリンの消費を抑える。

アイドリングストップからの再発進時は、モーターの力だけでクリープ走行し、渋滞時などのガソリン節約に貢献し、エンジン再始動時は、ISGのスターターモーター機能により、静かでスムーズな再始動を実現しています。

モーターアシスト/パワーモード

スペーシアカスタム モーターアシストパワーモード

加速時にはモーターの力でエンジンの出力をアシストします。

さらにステアリングのパワーモードスイッチを押せば、エンジンとCVTの制御変更に加えて、ISGによるモーターアシストをトルクアップさせることで、坂道や高速道路などへの合流時に力強い加速力を発揮する。

ISG(モーター機能付発電機)

スペーシアカスタム ISG(モーター機能付発電機)

減速エネルギーを利用して効率よく発電するシステムで、モーター機能を併せ持ち、エンジン再始動や加速時にモーターでエンジンをアシストするほか、モーターによるクリープ走行を可能にする。

専用リチウムバッテリー

スペーシアカスタム 専用リチウムバッテリー

大容量のリチウムイオンバッテリーを搭載することで、モーターによるクリープ走行や、頻繁なモーターアシストを可能にする。

新アイドリングストップシステム

減速時、ブレーキペダルを踏んで約10km/h以下になると自動でエンジンを停止します。

エンジン再始動までのガソリン消費をカットし、さらにモーターによるクリープ走行時もモーターのみの力で走行するのでガソリン消費が無く、低燃費に貢献します。

自然吸気エンジン(HYBRID GS・HYBRID XS)

街中でよく使う低中速の動力性能とともに、静粛性も高めたR06A型エンジンは、マイルドハイブリッドとの組み合わせにより、さらに低燃費でスムーズな走りを実現しています。

自然吸気エンジンの燃費は、WLTCモード:21.2km/L(2WD)・20.2km/L(4WD)

ターボエンジン(HYBRID XSターボ)

燃費と走りを両立したマイルドハイブリッド+ターボエンジンは、大人4人で乗っても、心地よい加速力を発揮します。

ターボエンジンの燃費は、WLTCモード:19.8km/L(2WD)・19.2km/L(4WD)

パドルシフト[HYBRID XS ターボに標準装備]

スペーシアカスタム パドルシフト

7速マニュアルモードに切り替えれば、シフトアップ/ダウンをパドルシフトで操作して、スポーツドライビングの爽快感を楽しめる。

参考URL:https://www.suzuki.co.jp/car/spacia_custom/performance_eco/

スズキ スペーシア MK53S 専用 ドアハンドルポケット 小物入れ 収納ボックス 運転席 助手席 ストレージボックス ドアポケット 2P 車種専用設計 LFOTPP

ドアハンドルのグリップ部に、ポケットを追加しスマホや小物入れとして利便性向上になります。

さらに強化された予防安全機能で安心や疲労軽減にもつながり、事故を未然に防ぐスズキ セーフティサポート

スペーシアカスタム スズキセーフティサポート

安心して、楽しくスズキのクルマに乗っていただきたいという想いから生まれた「スズキ セーフティサポート」は、事故を未然に防ぎ、乗員の万一のときの安全を確保するために、運転をサポートする様々な技術で、ヒヤリとする場面も限りなくゼロに近づけていきます。

全車速追従機能付アダプティブクルーズコントロール(ACC)

スペーシアカスタム 全車速追従機能付アダプティブクルーズコントロール(ACC)

ステアリングのACCスイッチを操作すると、ステレオカメラで先行車との距離を測定し、設定した車間距離を適切に保ちながら加速・減速、さらに停止まで自動追従します。

高速道路での長距離運転や渋滞走行時の発進・停止を頻繁に繰り返す状況などで、運転操作の負担を軽減します。

車線逸脱警報機能

スペーシアカスタム 車線逸脱警報機能

走行中に左右の区画線を検知して進路を予測し、前方不注意などで車線をはみ出しそうになると、ブザー音などの警報によって運転者に注意を促します。

ふらつき警報機能

スペーシアカスタム ふらつき警報機能

走行中に左右の区画線を検知して、自車の走行パターンを計測し車両が蛇行するなど、システムが「ふらつき」と判断した場合、ブザー音などの警報によって運転者に注意を促します。

標識認識機能[全方位モニター用カメラパッケージ装着車]

スペーシアカスタム 標識認識機能

走行中に、ステレオカメラが認識した最高速度、はみ出し通行禁止の標識を標識通過後にヘッドアップディスプレイ内に表示し、運転者にお知らせします。

その他にも、認識する標識は「最高速度」「はみ出し通行禁止」「補助標識(終わり)」「一時停止」「車両進入禁止」

先行車発進お知らせ機能

スペーシアカスタム 先行車発進お知らせ機能

停車中、前のクルマが発進して約4m以上離れても停車し続けた場合、ブザー音やメーター内の表示によって、運転者に先行車の発進をお知らせします。

うっかりの出遅れを予防します。

ハイビームアシスト

スペーシアカスタム ハイビームアシスト

ヘッドランプをハイビームにして走行中、前方に対向車や先行車がいたり、明るい場所を走行すると自動でロービームに切り替えし対向車や先行車がいなくなったり、周囲が暗くなると自動でハイビームに戻ります。

ヘッドアップディスプレイ(フロントガラス投影式)[全方位モニター用カメラパッケージ装着車]

スペーシアカスタム ヘッドアップディスプレイ(フロントガラス投影式)

運転に必要な情報をフロントガラスにカラーで映し出す、フロントガラス投影式のヘッドアップディスプレイは、車速やシフト位置、デュアルカメラブレーキサポートの警告などが、視線の先に焦点を合わせやすいように表示され、メーターパネルを見なくても確認可能となり、運転者の視線移動や焦点の調節を減らし、安全運転に貢献する。

全方位モニター用カメラ(全方位モニター用カメラパッケージ装着車)

スペーシアカスタム 全方位モニター用カメラ

メーカーオプションの「全方位モニター用カメラパッケージ装着車」には、クルマの前後左右に4つのカメラを設置し、別売の対応ナビゲーション(販売会社装着アクセサリー)を装着すれば、クルマを真上から見たような映像などを映し出す「全方位モニター」となります。

見通しの悪い場所で人などが近づいてくるとお知らせする「左右確認サポート機能」も前後に装備し、運転席から見えにくい周辺状況の確認をサポートする。

エマージェンシーストップシグナル

スペーシアカスタム エマージェンシーストップシグナル

約55km/h以上で走行中に急ブレーキを検知すると、ハザードランプが自動で高速点滅することで、後続車に急ブレーキを知らせ、注意を促します。

ヒルホールドコントロール

スペーシアカスタム ヒルホールドコントロール

坂道での発進時には、クルマが後ろに下がらないように、ブレーキペダルからアクセルペダルに踏み替える瞬間、一時的にブレーキが作動(最長約2秒間)し、保持するのでいつも通り落ち着いて発進ができる。

ESP(車両走行安定補助システム)

さまざまなセンサーによって走りを監視し、必要に応じてエンジンとブレーキをコンピューター制御しカーブでのタイヤのスリップや横滑り、急ブレーキ時のタイヤロックなどを抑え、車両の安定走行に貢献する。

デュアルカメラブレーキサポート[全車標準装備]

スペーシアカスタム デュアルカメラブレーキサポート

前方の車両や歩行者を検知し、衝突のおそれがあれば音や表示によって警告するシステムで、衝突の可能性が高まると自動で弱いブレーキを作動し、その間ブレーキペダルを踏むとブレーキ踏力をアシストします。

さらに衝突の可能性が高まると、自動で強いブレーキをかけ、衝突の回避または衝突時の被害軽減を図る。

誤発進抑制機能

スペーシアカスタム 誤発進抑制機能

前方に壁などがあるにも関わらずシフトをD・M・L(前進)の位置でアクセルペダルを強く踏み込むと、最長約5秒間、エンジン出力を自動的に抑制し急発進・急加速を抑えて、踏みまちがいなどによる衝突回避に貢献する。

後退時ブレーキサポート[全車標準装備]

スペーシアカスタム 後退時ブレーキサポート

リヤバンパーに4つの超音波センサーを内蔵し、車両後方にある障害物を検知します。

透明なガラスなども検知でき、コンビニの駐車場などでの衝突回避をサポートする。

センサーで後方の障害物との距離を測り、4段階のブザー音で障害物への接近をお知らせする「リヤパーキングセンサー」を搭載。

さらに、後方の障害物との衝突の可能性が高まると自動でブレーキが作動し、衝突の回避または衝突時の被害軽減を図る。

後方誤発進抑制機能

スペーシアカスタム 後方誤発進抑制機能

後方に障害物があるにも関わらずシフトをR(後退)位置の状態でアクセルペダルを強く踏み込むと、エンジン出力を自動的に抑制して急な後退を防止するので、うっかり誤操作による衝突回避に貢献します。

MK53S スペーシア/スペーシアカスタム専用シートカバー レザー&パンチング (スペーシアカスタム)

スペーシアカスタム専用設計の、シートカバーになります。

パンチングレザーによって通気性を良くし、高級感を演出します。

万が一の衝突被害を軽減し乗員や歩行者を守る技術

軽量衝撃ボディーTECT(テクト)

スペーシアカスタム 軽量衝撃ボディーTECT(テクト)

ボディーの広範囲に「高張力鋼板」を使用して、強度を高めながら軽量化も実現しています。

さらに、より強度の高い「超高張力鋼板」も採用し、安全性を高め、ボディー構造には衝突時の衝撃を吸収するクラッシャブル構造や、衝撃を効果的に分散する骨格構造、さらに高強度なキャビン構造など数々の安全技術を投入し、高い衝突安全性能を実現している。

SRSエアバッグ

運転席・助手席SRSエアバッグに加えて、フロントシートSRSサイドエアバッグ、SRSカーテンエアバッグと、6つのエアバッグで衝撃に備えます。

歩行者障害軽減ボディー

スペーシアカスタム 歩行者障害軽減ボディー

フロントボディー周辺に衝撃吸収構造を採用し、万一の衝突時に歩行者の頭部だけでなく脚部へのダメージ軽減を図る。

チャイルドシート固定用アンカー/テザーアンカー

小さな子供を安心して乗せられるよう、ISOFIX対応チャイルドシート固定用アンカーに加え、チャイルドシート上端を固定するテザーアンカーを標準装備しているので、若いファミリー層にもうれしい装備だ(リヤ左右2名分)。

高性能シートベルト

前席のシートベルトには、ベルトを瞬時に引き込むプリテンショナー機構や、胸部への衝撃をやわらげる可変フォースリミッター機構を装備することで、万一の際の安全性を高めている。

頚部衝撃緩和フロントシート

後方から低速で追突された際に、シートバックとヘッドレストがカラダ全体を包み込むように受け止め、頚部への衝撃を緩和する。

参考URL:https://www.suzuki.co.jp/car/spacia_custom/safety/

進化したパワースライドドアをはじめ、車内で快適に過ごす装備

パワースライドドア予約ロック機能

スペーシアカスタム パワースライドドア予約ロック機能

パワースライドドアを閉めている途中に、携帯リモコンでドアロックを「予約」可能なので、ドアが閉まるまで待つことなく、降りた後の行動もスムーズに行えます。

さらに、両手がふさがっていても、携帯リモコンを取り出すことなく、スイッチひとつで開け閉め可能なワンアクションパワースライドドアを装備。

加えて、半ドアの位置まで軽く閉めるだけでドアを自動で全閉する「スライドドアクローザー」も装備しています。

スリムサーキュレーター[HYBRID XS ターボ・HYBRID XSに標準装備]

スペーシアカスタム スリムサーキュレーター

室内の空気を効率よく循環させて、室温全体を均一にキープします。

小風量の高速気流を吹き出して、冷たい空気や温かい空気の偏りを解消し、さらにコンパクト設計なので、室内の広さを損なうこともありません。

エアコンルーバー(風量調整機能付)

前席中央のエアコン吹き出し口には、つまみを回すだけで風を拡散させたり、風量を調節できるルーバーを採用している。

カンタン操作で、顔や体に直接風があたるのを防ぎ、不快感や目の乾きを抑えます。

スペーシアの広大な室内空間は、開放感あふれるリラックス空間で乗員の寛ぎとレジャーを楽しむ多彩なシートアレンジで利便性能向上を図る

上質なシート

スペーシアカスタム 上質なシート

手触りのよい素材で、細部まで丁寧に作り込んだ専用シートとなっている。

HYBRID XSターボ・HYBRID XSにはレザー調の表皮や赤いステッチも施して、さらに上質なインテリアに仕立てている。

ゆとりある広い室内

スペーシアカスタム ゆとりある広い室内

高い天井に低いフロア、ゆとりある前後のシート間隔を確保し、足元はもちろん、頭上や両サイドにも広々とした空間が広がります。

積み込みやすいラゲージルームと多彩なシートアレンジで寛ぎと積載性を向上

左右別々にスライドや折りたたみができるリヤシートを採用し、カンタン操作でほぼフラットな荷室が広がります。

乗る人数や荷物の大きさによって、空間を自在にアレンジ可能となっている。

2人+大きな荷物・2人+長い荷物

スペーシアカスタム 2人+大きな荷物・2人+長い荷物

フルフラット

スペーシアカスタム フルフラット

参考URL:https://www.suzuki.co.jp/car/spacia_custom/interior/

BRIGHTZ スペーシアカスタム MK53S 超鏡面ステンレスメッキピラーパネル バイザー有用 6PC 【 PIL-SIL-407 】 MK53 MK K53 53 スペーシア カスタム スペイシアカスタム スペエシアカスタム スペイシア スペエシア 32620

超鏡面ステンレスピラーによって、高級感が増します。

さいごに

スペーシアカスタム リアビュー

スペーシア カスタムはいかがだったでしょうか?

スペーシアシリーズの中でも、より上質で力強さを印象づけるエクステリアデザインに、スペーシアならではの広い車室によって、ドライブや日常の生活を便利なものにします。

さらに、マイナーチェンジによって安全性能の向上により、家族の誰が乗っても安心してスペーシアカスタムとお出かけができます。

全車、LEDヘッドランプ、LEDフロントフォグランプを採用し夜間でも安心した視界確保を行っているのも、うれしい装備の一つでもある。

2021年4月2日に、初代モデルからの国内累計販売台数が100万台を達成したことが発表されていることから、ロングセラー商品でなおかつ、スズキの中でも中心的車種の一つでもあるので、今後の躍進を期待する。

コメント

タイトルとURLをコピーしました