シティドライブを思いのままに、オシャレに駆け抜けるスマート フォーツー

新車レビュー

スマート(smart)は、スイスの時計会社である「スウォッチ」が、「ダイムラー・ベンツ(当時)」をパートナーとして開始された自動車事業として発足されました。

元々、2人乗りのマイクロカーを生産・販売することを目的としており、そのコンセプトに合う、スマート フォーツー(smart fortwo)〈以下フォーツーと記載〉が生まれました。

1998年に初代モデルが誕生し、2007年には2代目が登場、2014年より現行モデルとなる3代目が発売開始された。

現行型フォーツーは、ルノー社との共同開発車となっており、同社のトゥインゴと基本コンポーネンツを共用している為、全幅が先代モデルに比べ一気に105mm拡大されるなど、ボディのワイド化が行われた。

それでは、スマート フォーツーについてお伝えします。

スマート フォーツーの価格は

グレードエンジン駆動方式価格
スマート フォーツーBRABUS スポーツ0.9L 直列3気筒 ターボチャージャー付RR266万0,000円
スマート BRABUS フォーツー エクスクルーシブ0.9L 直列3気筒 ターボチャージャー付RR309万0,000円

ドライバーの意のままに駆け抜けるパワートレイン

スマートフォーツー エンジン

フォーツーには、冒頭でお伝えしたとおりルノーのトゥインゴと共用している部分が大きいが、エンジンに至ってはメルセデスベンツ社製の直接3気筒DOHCターボエンジンを採用しており、強力なパワーと素早いレスポンスを発揮します。

トランスミッションには、デュアルクラッチ式の「twinamic(ツイナミック)」を採用しており、シフトチェンジの際に駆動力が途切れず、なめらかで快適、そして都市部における俊敏で高効率なドライビングを与えます。

シティドライブを自在に操るコンパクトボディ

スマートフォーツー 最小回転半径

フォーツーの最大メリットといえば、コンパクトボディだ。

全長2,755mm(ベースグレード)×全幅1,655mm×全高1,545mmと、取り回しのしやすいコンパクトボディとなっており、超ショートオーバーハングと大きく切れるステアリングと相まって、最小回転半径3.3mを実現しました。

また、高いシートポジションや大きな窓により視界も良好なので、狭い道や住宅街などでもスムーズに走ることができます。

SHIFENG車のワイヤレス充電携帯電話ホルダーためにメルセデスベンツスマート453451450フォーツーフォーフォー(Radio models)

スマートフォンのホルダーで、ワイヤレスチャージ機能搭載で利便性アップ。

スマートのロゴ入りで、純正風をイメージしたデザイン

小さなボディでも利便性と実用性の高い室内空間

スマートフォーツー ラゲッジ

コンパクトな全長にも関わらず、ラゲッジ容量は通常時で260Lを確保しており、さらにテールゲートには上下分割式を採用することにより、狭い場所でも荷物の積み下ろしがラクに行なえます。

さらに、積載能力を高めるテールゲート下部に収納スペースを設けたり、シートバックポケットなど、スペースを有効に使える工夫がされている。

メルセデスの安全思想が凝縮された安全機能

スマートフォーツー 安全機能

ボディには、強固な高強度スチール製のトリディオンセーフティセルが、あらゆる方向からの衝突時に乗員をしっかりと保護する。

さらに、レーダーセンサーによる衝突の危険を表示と音で警告してくれる衝突警告音機能や、突然の横風にも安定した直進性をサポートするクロスウィンドウアシストなど、最先端の予防安全装備を採用し、デジタル面でも安全性を向上させています。

ワンランク上のコンパクトカーにふさわしい快適装備

スマートフォーツー オートエアコン

フロントウィンドウ上部のセンサーが雨滴の量を感知し、ワイパーの作動を自動調整するレインセンサーや、周囲の明るさを検知してヘッドライトを自動で点灯/消灯するオートライト、設定温度を自動で保つオートエアコンなど、プレミアムシティコンパクトらしい快適装備を数々採用しました。

The New Smart Fortwo/Forfour フォーツー/フォーフォー(453型)専用 エアコンスイッチパネルカバー ステンレス製 ブラック

光沢のあるスマート フォーツーのエアコンパネルになります。

ブラックで引き締め高価で、スポーティな印象に。

参考URL:https://www.yanase.co.jp/smart/fortwo/turbo/

さいごに

スマートフォーツー さいごに
日本専売のミッキーマウス90周年記念限定車

スマート フォーツーはいかがだったでしょうか?

スマートの歴史は長く、2名乗りのマイクロカーとして話題性に富んだクルマとして印象づけた。

1998年には、オリジナルモデルである「シティクーペ」(後の「フォーツークーペ」)が発売されたが、走行中に横転する問題が発覚し、設計を根本的に改善するために多額の費用が掛かるなど、苦境に立たせられ、設立以降12年に渡って赤字続きだったが、2007年には黒字へ転換できスマートの存在意義が確立された。

フォーツーはこれまで進化してきたが、アメリカ市場では2018年よりガソリンエンジン搭載車の販売を廃止しEVに一本化が始まっており、2020年以降はスマートの全車種が電動化されると発表されている。

電動化もテクノロジーの進化で環境にも優しく良いところが多いが、フォーツーのようなコンパクトボディに軽量でパワーの出ているエンジンの組み合わせのフィーリングが味わえなくなると寂しいものがありますね。

時代の流れで仕方のないことですが、これからはハイテク化されるフォーツーに期待したい。

参考URL:https://ja.wikipedia.org/wiki/%E3%82%B9%E3%83%9E%E3%83%BC%E3%83%88_(%E8%87%AA%E5%8B%95%E8%BB%8A)

複数の保険会社に一括で見積もりができ、ご自身に合った保険が見つかります。

これまでの契約状況と比較して、お得な自動車保険を選ぼう。

コメント

タイトルとURLをコピーしました