軽自動車

車の情報

佐川急便が宅配専用「電気自動車」を9月から量産を開始。開発された車両はどんなもの?使いやすさに特化した車両で効率がアップしている

こんにちは、SCPです。 物流大手の佐川急便が、宅配業務専用の電気自動車(EV)を、EVの企画・開発を手がけるASF株式会社との共同により、導入することとなりました。 このプロジェクトは、2020年6月より企画及び開発に着手し、2021年3月には走行性能や機能を検証するための実証実験が行われた。
新車レビュー

スズキを代表する軽セダン、アルトがマイナーチェンジを行い快適装備が充実へ

スズキ アルト(ALTO)は1979年に初代モデルが登場し、現在では2014年に8代目となる現行型が販売される、スズキの中でもロングセラーとなっている軽自動車である。 今回のマイナーチェンジでは、グレード構成を見直し、電動格納式カラードドアミラー、フルオートエアコンなどを追加し、
新車レビュー

安全装備の強化によって、普段使いやレジャーなどの遠出も遊びの広がるスズキ スペーシア

スズキ スペーシアは、2013年まで販売されていたパレットに代わる後継車として発表され、両側スライドドアや副変速機構付CVTなどパレットの大きな特徴であった部分も継承されている。 2017年より、2代目スペーシアシリーズなる現行型を発表し、初代モデルでも設定のあった「スペーシア」と
新車レビュー

レトロ調でポップながら落ち着きのあるデザインが愛着のわくダイハツ キャスト

ダイハツ キャスト(CAST)は、2015年より発売されている軽トールワゴンとなっている。 2020年3月31日までに、SUVテイストのアクティバ、スポーティテイストのスポーツと、スタンダードなスタイルの3グレードで構成されていたが、現在はスタイルのみの展開となっている。
新車レビュー

現代の軽自動車があるのもワゴンRのおかげ?ワゴンRの魅力に迫る

スズキ ワゴンR(Wagon R)は1993年に初代モデルが登場し、今もなお軽自動車界では人気の高いクルマである。 1993年登場当時、それまで軽自動車といえば低車高の乗用型か、もしくは商用車派生型で車内容積は広いが乗り心地に劣るワンボックスモデルしか
新車レビュー

まるで、ハスラーの兄貴分?スズキのコンパクトSUVのクロスビー(XBEE)について

スズキ クロスビー(XBEE)はクロスオーバーSUV型のコンパクトカーである。 そのエクステリアは、同社の人気軽クロスオーバーSUVハスラーを一回り大きくしたサイズという表現が相応しいエクステリアデザインが特徴である。
新車レビュー

ダイハツの軽乗用車のエントリーモデルを担うミライース

ダイハツ ミライース(Mira e:S)は、ミラをベースにした5ドアハッチバック型乗用車(軽セダン)であり、昨今の環境意識や低価格志向の高まりを受け誰もが気軽に乗れる「第3のエコカー」をコンセプトに開発された車である。
新車レビュー

かわいいフォルムを持つラパンは、若い女性にウケるパッケージが特長的だ

スズキ ラパン(Lapin)は2002年に初代登場を果たし、現行モデルである3代目は2015年より販売されている。 2019年にマイナーチェンジをしており、安全装備の充実化と快適装備標準化するなど、より安全で快適にそしてラパンのかわいいイメージで乗れるクルマになった。
新車レビュー

かつて軽最強と呼ばれたアルトワークスが15年ぶりの復活でファンの歓喜必至

スズキ アルトワークス(ALTO WORKS)が、5代目アルトを最後に「ワークス」グレードの復活を約15年ぶりに復活を遂げた。 5代目アルトワークスは、エンジンに可変バルブ機構、ドライブ・バイ・ワイヤを採用し軽自動車としては究極ともいえる高性能化を図ったモデルで、ファンを唸らせる仕様となっていた。
新車レビュー

歴史と伝統が現代に息づく、スズキジムニーはさらにオフローダーとしてのポテンシャルを高めた。

スズキ ジムニー(suzuki jimny)は1970年4月に軽自動車初の本格4輪駆動オフロード車として発表した。発表されると、維持費が安い軽自動車でありながら、大型4輪駆動車以上の機動力を持つ、実用性で「それまでにはない軽自動車」として、市場に大きく評価された。
タイトルとURLをコピーしました