現代の軽自動車があるのもワゴンRのおかげ?ワゴンRの魅力に迫る

新車レビュー

スズキ ワゴンR(Wagon R)は1993年に初代モデルが登場し、今もなお軽自動車界では人気の高いクルマである。

1993年登場当時、それまで軽自動車といえば低車高の乗用型か、もしくは商用車派生型で車内容積は広いが乗り心地に劣るワンボックスモデルしかなかったが、ワゴンRの場合はフロアパネルを二重構造とし座面も高く取ることで、足を窮屈に曲げずに座ることで圧迫感を軽減し、視点を高くすることにより眺望性・視認性および開放感を向上させた。

床面が高く乗降に不便なワンボックスカーに対し、ワゴンRでは床面は地面からワンステップの高さのため乗降もスムーズとしたことなど、現存する軽自動車のレイアウトの礎となるクルマと言えるだろう。

そんなワゴンRも現行モデルは2017年に登場し6代目となり、現在も根強い人気を誇りCMキャラクターには、広瀬すずさんと草刈正雄さんのコンビで、まさに老若男女に合わせたコンセプトと分かるワゴンRについてお伝えしていきます。

車名の由来は、セダンもあるけど、ワゴンもある。と言うキャッチフレーズで『ワゴンもあーる』ということからワゴンRとなった。

また、Rは「Revolutionary=画期的な」と「Relaxation=くつろぎ」それぞれの頭文字「R」をも指し、「軽自動車の新しい流れを作る新カテゴリーのクルマ」「生活にゆとり感を与えるクルマ」という2つの意味も、後付ながら込められている。

ワゴンRの価格は

FA スズキセーフティサポート非装着車5MT109万8,900円(2WD)122万2,100円(4WD)
FA スズキセーフティサポート非装着車CVT109万8,900円(2WD)122万4,300円(4WD)
FACVT116万3,800円(2WD)128万9,200円(4WD)
HYBRID FX スズキセーフティサポート非装着車CVT118万6,900円(2WD)131万0,100円(4WD)
HYBRID FXCVT128万0,400円(2WD)140万3,600円(4WD)
HYBRID FZCVT142万1,200円(2WD)154万4,400円(4WD)

高効率エンジンとマイルドハイブリッドによる低燃費を実現した走行性能

ワゴンR ハイブリッドシステム

ワゴンRのハイブリッドモデル(HYBRID FZ・HYBRID FX)には発電効率に優れたISG(モーター機能付発電機)により、減速時のエネルギーを利用して発電し、アイドリングストップ車専用鉛バッテリーと専用リチウムイオンバッテリーに充電し、その電力を活かして加速時にはモーターでエンジンをアシストすることで、さらなる燃費の向上に貢献するハイブリッドシステムとなっている。

新開発されたR06D型エンジン

ワゴンR R06D型エンジン

さまざまな熱効率向上技術を採用したR06D型エンジンを搭載することで、エネルギーをムダなく引き出し、日常使いから高速道路まで幅広い速度域で高い燃費性能とスムーズな走りを実現している。

ISG(モーター機能付発電機)

ワゴンR ISG

発電効率を高め、減速エネルギーを利用して効率よく発電します。

モーター機能をあわせ持ち、アイドリングストップからのエンジン再始動や加速時にモーターでエンジンをアシストする。

専用リチウムイオンバッテリー

ワゴンR 専用リチウムイオンバッテリー

高効率のリチウムイオンバッテリーを搭載しているので、頻繁なモーターアシストを可能にしている。

アイドリングストップ

減速時、ブレーキペダルを踏んで約10km/h以下になると自動でエンジンを停止し、エンジン再始動までのガソリン消費をカットするため、低燃費に貢献します。

ワゴンR アイドリングストップ中空調設定

アイドリングストップ中にも空調の設定が可能なので、快適さを損ないません。

スズキセーフティサポートをはじめ、予防安全と運転者の疲労を軽減する機能

ワゴンR セーフティサポート

ワゴンRにも、スズキの予防安全技術スズキセーフティサポートを搭載させ、危険な場面でも未然に防ぎうっかりのミスもサポートする機能が満載だ。

ワゴンR JNCAP

2017年度JNCAP予防安全性能アセスメントにおいても「ASV++(ダブルプラス)」を獲得し、優れた予防安全技術を搭載した自動車として評価されている。

車線逸脱警報機能(HYBRID FZ・HYBRID FX、およびFA CVT車に標準装備)

ワゴンR 車線逸脱警報機能

走行中に左右の区画線を検知して進路を予測することで、前方不注意などで車線をはみ出しそうになると、ブザー音などの警報によって運転者に注意を促す。

ふらつき警報機能(HYBRID FZ・HYBRID FX、およびFA CVT車に標準装備)

ワゴンR ふらつき警報機能

走行中に左右の区画線を検知して、自車の走行パターンを計測し、車両が蛇行するなどシステムが「ふらつき」と判断した場合、ブザー音などの警報によって運転者に注意を促す。

先行車発進お知らせ機能(HYBRID FZ・HYBRID FX、およびFA CVT車に標準装備)

ワゴンr 先行車発進お知らせ機能

停車中、前のクルマが発進して約5m以上離れても停車し続けた場合、ブザー音やメーター内の表示によって、運転者に先行車の発進をお知らせします。

ハイビームアシスト(HYBRID FZ・HYBRID FX、およびFA CVT車に標準装備)

ワゴンR ハイビームアシスト

ヘッドランプをハイビームにして走行中、前方に対向車や先行車がいたり、明るい場所を走行すると自動でロービームに切り替え、対向車や先行車がいなくなったり、周囲が暗くなると自動でハイビームに戻ります。

全方位モニター(全方位モニター用カメラパッケージ装着車)

ワゴンR 全方位モニター

メーカーオプションの「全方位モニター用カメラパッケージ装着車」には、クルマの前後左右に4つのカメラを設置し、対応ナビゲーション(販売会社装着アクセサリー)を装着すれば、クルマを真上から見たような映像などを映し出す「全方位モニター」になります。

見通しの悪い場所で人などが近づいてくるとお知らせする「左右確認サポート機能」も前後に装備し、運転席から見えにくい周辺状況の確認をサポートする。

ヘッドアップディスプレイ(全方位モニター用カメラパッケージ装着車)

ワゴンR ヘッドアップディスプレイ

運転席前方のダッシュボード上に、車速やシフト位置、デュアルセンサーブレーキサポートの警告などを表示する「ヘッドアップディスプレイ」を採用。

運転中、ドライバーの視線上に車速などを表示するため、ドライバーの視線移動や焦点の調節を減らし、安全運転に貢献する。

さらにメーカーオプション設定の全方位モニター用カメラパッケージ装着車を選択し、「全方位モニター」対応ナビゲーション(販売会社装着アクセサリー)を装着すれば、ディスプレイ内に交差点案内が表示されます。ディスプレイはエンジンを始動すると自動で展開され、ドライバーの体格に合わせて表示位置を調節できるほか、使わないときは格納することも可能となっている。

デュアルセンサーブレーキサポート(HYBRID FZ・HYBRID FX、およびFA CVT車に標準装備)

ワゴンR デュアルセンサーブレーキサポート

システムが衝突のおそれがあると判断すると、警報音(ブザー)やヘッドアップディスプレイなどの表示によってドライバーに警告し、ブレーキペダルを踏むと、ブレーキ踏力をアシスト。

衝突の可能性が高まると、自動で強いブレーキをかけ、衝突の回避または衝突時の被害軽減を図る。

誤発進抑制機能(HYBRID FZ・HYBRID FX、およびFA CVT車に標準装備)

ワゴンR 誤発進抑制機能

駐車場などで、前方に壁などがあるにも関わらずシフトをD、L(Sモードを含む)の位置でアクセルペダルを強く踏み込むと、最長約5秒間、エンジン出力を自動的に抑制し、急発進・急加速を抑えて、踏みまちがいなどによる衝突回避に貢献する。

後退時ブレーキサポート(HYBRID FZ・HYBRID FX、およびFA CVT車に標準装備)

ワゴンR 後退時ブレーキサポート

リヤバンパーに4つの超音波センサーを内蔵し、車両後方にある障害物を検知します。

透明なガラスなども検知でき、コンビニの駐車場などでの衝突回避をサポートする。

後方誤発進抑制機能(HYBRID FZ・HYBRID FX、およびFA CVT車に標準装備)

ワゴンR 後方誤発進抑制機能

後方に障害物があるにも関わらずシフトをR(後退)位置の状態でアクセルペダルを強く踏み込むと、エンジン出力を自動的に抑制して急な後退を防止するので、うっかり誤操作による衝突回避に貢献する。

スズキ ワゴンR MH21S MH22S 専用 ワイドタイプ スモークドアバイザー 4P セット TNC

スズキ ワゴンR専用、ワイドタイプのスモークドアバイザーになります。

純正に比べ、ワイドタイプになっているので雨天時の換気などに最適です。

収納スペースを使いやすく充実させ、簡単シートアレンジで様々なシーンに対応

ワゴンR ラゲッジ開口部

大きな荷物もラクラク積める、低床&大開口のラゲッジスペースに、小さな荷物をスッキリ収納できる充実のポケッテリア。

お買い物でもレジャーでも、暮らしのあらゆるシーンで活用できる収納力が魅力です。

多彩なシートアレンジ

ワゴンR 1人+長い荷物

1人+長い荷物

ワゴンR 2人+大きな荷物

2人+大きな荷物

ワゴンR 3人+荷物

3人+荷物

ワゴンR フルフラット

フルフラット

あると便利なアンブレラホルダー

ワゴンR アンブレラホルダー

後席ドアの内側に、アンブレラホルダーを設置しており、濡れた傘で服やシートが濡れるのを防ぎます。

傘についた雨水は、車外に排出される構造になっているので、水が溜まることなく安心構造となっている。

参考URL:https://www.suzuki.co.jp/car/wagonr/

スズキ ワゴンR ワゴンRスティングレー対応 ミラー格納キット オートリトラクタ機能 自動格納装置 カプラーオン設計

スマートキーの施錠/解錠に連動して、ドアミラーをオート格納/展開化するキット。

乗り降りの際に、ドアミラーを格納/展開する煩わしさをなくします。

さいごに

スズキ ワゴンRはいかがだったでしょうか?

正に、現代の軽自動車があるのもワゴンRがその当時、画期的なアイデアのもと造られそれまでになかった快適性や利便性にこだわった造りがあったからこそと言っても過言ではない。

本文には深く触れなかったが、現代では珍しい5MTの設定もあるところが、一部のファンにグッとくるポイントのひとつでもある。

機能面を見ても、使いやすく安心できる機能も多いので日常使いから趣味に至るまで全てのシーンで対応できるポテンシャルを持っている。

今の軽自動車を見ると、どうしてもデザイン性などで競争している部分が見受けられるが、元祖軽自動車としてシンプルで使い勝手のいいワゴンRも検討のひとつにしても良いだろうと思う。

コメント

タイトルとURLをコピーしました