コンパクトミニバンの礎を築いたシエンタ クールでスタイリッシュなデザインに「アガる」が詰まった機能が満載

シエンタアイキャッチ 新車レビュー

トヨタ シエンタ(TOYOTA SIENTA)は、2003年9月に初代モデルを発表・販売を開始した、今やトヨタのコンパクトサイズミニバンとして中核を担うモデルになる。2015年にフルモデルチェンジを行い、現行型モデルが発売されたが、2019年8月に日本自動車販売連合会の統計により、ミニバンとして新車販売台数月間1位を記録した、今では大人気モデルのひとつだ。テレビCMのキャラクターには、渡辺直美さんが採用されていてシエンタのキャッチフレーズである「アガる」を前面に出したCMでも印象的ですよね。
そんなシエンタの、人気の理由に迫っていきたい。

コンパクトミニバンとしての進化の追及 ミニバンとは思えぬスマートなデザイン。5ナンバーサイズもうれしい

約12年ぶりにフルモデルチェンジした、シエンタは「ユニバーサルでクールなトヨタ最小ミニバン」として開発が行われ、エクステリアにはミニバン特有の「四角い箱型」とは、一線を画し、サイドビューはシアターレイアウトによってサイドシルエットやベルトラインによりキャビン全体を前傾に見せる手法を採っており、現代らしいスタイリングを持ち合わせている。

シアターレイアウト
シアターレイアウト

ボディサイズは、初代モデルに対して全長135mm、ホールベースは50mm延長し全高は5mm(4WD車は15mm)高くなり、居住性の向上やラゲッジスペースの拡大しコンパクトミニバンながら既存のミニバンに負けない使い勝手を向上させた。一方、全幅1,695mmは先代から変わらず5ナンバーサイズの維持を図り、コンパクトミニバンとしてのジャンルを崩すことなく、進化している。

ボディサイズ
シエンタの全長・全高

現行型シエンタは、6/7人乗りと5人乗りの基本的なモデルの展開になっている。
価格は、180万9,500円~257万9,500円

乗員人数を確保しながら普段使いやアウトドアなどシーンを選ばない、多彩なシートアレンジ

現行型シエンタは、3列シートならではの座席数にゆとりを活かしたシートアレンジが魅力的だ。通常では最大7人まで乗車ができ、様々なシーンで大人数での移動が可能になっている。3列目を格納すれば十分なラゲージスペースが生まれるし、2列目の片側をフラットに、3列目を格納すると3人乗車プラス長尺物なども積載できる。更に2列目3列目を格納することにより、フラットラゲージモードになり荷室長は1,430mmとなる。
5人乗りモデルだと、2列目シートがフルフラット形状になるので荷室長は2,065mmと更に広大なラゲージスペースが生まれる。

シートアレンジ
多彩なシートアレンジ

カーメイト 車用 シガーソケット 増設電源ユニット シエンタ用 NZ559

  • トヨタ シエンタ 170系 車種専用 増設電源ユニット。1ソケットを2ソケット+2USBに増設できる。
  • ●トヨタ シエンタ H27.7~ 専用ユニット●車種専用なので純正品のように車内にフィット●粘着テープで貼り付けるだけの簡単取付●ソケット・USB共にカバー付き
  • ●出力容量:2ソケット合計7Aまで・2USB合計2.4Aまで・2ソケット+2USB合計7Aまで

カーメイト NZ559 増設電源ユニット トヨタ シエンタ 170系 パーツ (P17#G系 H27.7-) ブラック

シエンタ 170系 専用なので内装にマッチするデザインの増設電源
●カーソケット×2口(合計7A)+USB×2ポート(合計2.4A)でハイパワー充電が可能。
●粘着テープで貼付けるだけの簡単取付。

これで、大人数でのお出かけや、車中泊やキャンプなどのレジャーシーンでも重宝します。

Toyota Safety Senseによるあらゆるシーンでの事故回避や衝突被害の軽減をサポートする

現行型シエンタは、トヨタの先進安全機能の「Toyota Safety Sense」を搭載しており、前方の安全を見守る単眼カメラとレーザーレーダーを併用した検知センサーと、これに基づく制御によって、事故の回避や衝突被害の軽減を行う。

シエンタ単眼カメラ クリアランスソナー
左:単眼カメラ 右:クリアランスソナー

更に、インテリジェントクリアランスソナーによる8つのソナーが静止物を検知し、自動(被害軽減)でブレーキが作動し、低速時での衝突を未然に防ぐ。

シエンタセーフティセンス
Toyota Safety Senseの作動イメージ

毎日の使い勝手に応える燃費の良さ、扱いやすいボディサイズで細い路地に入る時や車庫入れなどの取り回しも楽々

現行型シエンタは、先代モデルにはなかったハイブリッドモデルのラインアップがあり、燃費性能を大幅に向上した。進化をしたのはハイブリッドモデルだけではなく、通常のガソリンエンジン車も既存のエンジンを改良させて、燃費の向上を図っている。

現行型シエンタの燃費は、WLTCモードで15.4km/L~22.8km/Lとなっている。

ハイブリッドモデルには、「エコドライブモード」と「EVドライブモード」の2モードがスイッチで簡単に切り替えができ、その場にあったシーンに即座に応える。エコドライブモードでは、アクセル操作に対する駆動力やエアコンの消費電力などを抑えた燃費優先の走りに切り替える。EVドライブモードでは、モーターのみでの静かな走行が可能になり、夜間でのエンジン音を抑えたい時や、ガレージでの排出ガスを抑えたい時に便利な走行モードである。

エコモードEVモード
左:ECOモード 右EVモード

全長4,260mm、全高1,675mmと大きすぎず小さすぎないボディサイズで、子供の送迎やお買い物など、様々なライフシーンにぴったりなボディサイズに、最小回転半径5.2mと取り回しが軽快に行えます。

シエンタ最小回転半径
最小回転半径は5.2mと取り回し楽々

BRIGHTZ シエンタ 170 172 175 メッキリアリフレクターリング 【 REF-RIN-113 】 NSP170G NSP172G NHP170G NCP175G NSP170 NSP172 NHP170 NCP175 NSP NHP P170 P172 P175 34058

リアリフレクターの周り(枠)をメッキ化することにより、高級感のアップや後続車への視認性のアップになります。

ちょうどいいボディサイズと使い勝手の良さ、安全先進技術の向上で安心感高めのクルマに進化した

現行型シエンタは、先代モデルからミニバンとは思えないスタイリッシュなデザインに変貌したり、トヨタのハイブリッドシステムをシエンタにも組み合わせることで、燃費性能の大幅な向上を図った。2015年にはJNCAPでファイブスター賞を受賞し、衝突安全性能について評価されるなど、基本な設計にも進化を遂げた。

JNCAPシエンタ

このように、先進技術や安全なボディを手に入れたことで、消費者には安全・安心に乗れるクルマになったのだ。

5ナンバーサイズで、大きすぎず小さすぎずなサイズ感を持ち合わせることで、様々なシーンで活躍できる存在となった。
コンパクトミニバンのジャンルではトップ的な存在なので、今後も進化を続けてトップに君臨する可能性は高い。

コメント

タイトルとURLをコピーしました