新車レビュー

新車レビュー

快適さを追求したシトロエン C5 AIRCROSS SUV。魔法の絨毯と言われる走行感覚に、誰もが驚き虜になるだろう

シトロエン C5 AIRECROSS SUV(CITROEN シーファイブ エアクロス エスユーブイ)は、2017年、上海モーターショーにて初登場し、同年末に中国での販売が開始される。 その後2019年2月にヨーロッパで販売開始され、同年5月より日本でも販売が開始された、クロスオーバーSUVである。
新車レビュー

シンプルな見た目とは裏腹に、先進技術が充実した三菱 ekワゴン

ekシリーズ(ekワゴン・ekスペース・ekクロス・ekクロス スペース)の開発にあたっては、三菱自動車と日産自動車の合弁会社NMKVがマネジメントを行い、三菱自動車が生産する点は先代eKワゴンと同様だが、三菱自動車主導で開発された先代とは異なり、
新車レビュー

ますます安全装備が充実したスズキ スペーシアカスタム。上質なスタイリングに、広大な室内空間であなたの遊びが広がる

スズキ スペーシアカスタムは、2013年より販売されるスペーシアシリーズのスポーティモデルとして、販売される軽トールワゴンだ。 2017年より、現行型となる2代目スペーシア発表し、併せてスペーシアカスタムもラインアップされた。
新車レビュー

じわじわと人気の兆しが見えるプジョーのLAV(レジャー・アクテビティ・ビークル)、リフター。利便性の高さが、様々なアクティビティを広げる

プジョー リフター(PEUGEOT RIFTER)は、2018年3月6日にジュネーヴモーターショーにおいて初公開され、日本市場には2019年10月18日に日本向け仕様が発表され、翌日よりオンライン予約注文の受付を開始した。 ここ最近、リフターのようなLAV(レジャー・アクテビティ・ビークル)が人気を集め、
新車レビュー

圧倒的な存在感を放ち、どんな道でも走り抜けるパフォーマンスを持つメルセデスベンツ GLE

メルセデスベンツ GLEクラス(Mercedes-Benz GLE-Class)は、2015年10月28日に日本市場でマイナーチェンジに伴い、GLEクラスが発表された。 その後、2019年より2代目となる現行型にフルモデルチェンジされている。
新車レビュー

モータースポーツを原点に鍛え上げられたルノー メガーヌ。走りはもちろん上質さも兼ね備え、走る悦びを堪能せよ

ルノー メガーヌ(RENAULT MEGANE)は、1995年より初代モデルが販売され、4代目となる現行型は2016年(日本市場では2017年)より登場している。 ルノーのスポーツマインドを正当継承しているメガーヌは、4輪操舵システムの「4 CONTROL」や、「ルノーマルチセンス」
新車レビュー

新しいコンパクトカーの可能性を秘めたスマート フォーフォー。実用性と走りの魅力を思う存分楽しめるコンパクトカー

スマート フォーフォー(smart Forfour)は、ダイムラー傘下のスマートが製造・販売をしている小型(欧州市場におけるAセグメント)自動車である。 スマートが発足してから、1モデル目が以前にも紹介したフォーツーであり、スマートの2モデル目として登場したのが今回のフォーフォーになります。
新車レビュー

50年以上の歴史を持つアメリカンマッスルカーの代名詞シボレー カマロ。迫力の大排気量モデルは健在で新開発のダウンサイジングエンジンもニューカマロの大きな特徴に

シボレー カマロ(Chevrolet Camaro)は、ゼネラルモーターズがシボレーブランドで生産、販売している2ドアハードトップ、クーペおよびオープンカーである。 初代モデルは今から50年以上前の1967年より発売され、現行型の6代目は2015年より販売されている。
新車レビュー

扱いやすいボディサイズにプレミアムブランドらしい上質さと先進装備を凝縮したアウディ A3 スポーツバック

Audi A3 Sportback(アウディ エースリー スポーツバック)は、A3シリーズにおける5ドアハッチバックモデルになる。 以前紹介した、A1より一回り大きいサイズのA3 スポーツバックだが、全長4,325mm×全幅1,785mm×全高1,450mmと狭い街中でも扱いやすいサイズとなっており、
新車レビュー

元祖軽トールワゴンのダイハツ ムーヴ。実用性に富んだスタンダードな1台に

ダイハツ ムーヴ(MOVE)は、1995年より販売されているダイハツの軽トールワゴンの代表的車種である。 現行型である6代目は2014年より販売開始しており、ボディ骨格構造や足回りの改良など基本性能の向上を重点に置き、ボディ素材を見直し20kgの軽量化を実現しながら、
タイトルとURLをコピーしました