じわじわ人気が出てきた図柄入りナンバープレート。ラグビーW杯・東京オリンピックに続き、『万博記念ナンバー』が今秋から交付開始されます。

未分類

今から5年前にあたる2017年4月より、ラグビーワールドカップ2019が日本で開催されることを記念して図柄入りナンバープレート(デザインナンバープレート)の交付が開始し、同年10月からは2020年東京オリンピック・パラリンピックナンバープレートが登場しました。

この制度により、これまで黄色のナンバープレートが発行される軽自動車に記念ナンバープレートを申請することにより普通車と同じ白色のナンバープレートが交付され、軽自動車ユーザーの中で大人気となりました。

2018年10月1日からは、地域の魅力を全国に発信されることを目的として、「地方版図柄入りナンバープレート」の交付を開始するなど、徐々にデザインナンバーの存在が認知されていくようになりました。

そして今回、2025年日本国際博覧会(略称「大阪・関西万博」)の開催に向けた「万博記念ナンバー」の交付が開始されるので、概要についてお伝えします。

あなたのサイトのURL、そろそろスリムにしませんか?

大阪・関西万博特別仕様ナンバープレートの概要

万博記念ナンバー 登録車別

大阪・関西万博特別仕様ナンバープレートは、日本全国での普及を通じて多くの方々に大阪・関西万博を身近に感じてもらい、大阪・関西万博の開催機運の醸成を図ることを目的としており、2022年秋から2025年までの期間限定で、全国の希望者へ交付されます。

ナンバープレートのデザインには、大阪・関西万博の公式ロゴマークのフォルムをモチーフとしたデザインになっており、採用するにあたり「2025年大阪・関西万博の開催を胸躍らせながら、今から楽しみにしていただきたい。閉幕後も、万博での感動が貴重な想い出となり、多くの人々の心の中で走り続けてほしい。」

というコンセプトのもと、このようなデザインとなりました。

デザインの中には、左側にEXPO2025と書いてあるロゴに、右上には細胞を示す赤い円を連ねた公式のロゴに採用しているキャラクターを配し、周りにはロゴを模した丸い模様を散りばめたデザインとなっている。

ちなみに、このデザインについて「不気味」と思う方や、逆に「かわいい」と思う方の賛否が分かれているようですが、個人的にはどちらの感情もあり、「キモカワ」と思ったのが正直な意見です。

なお、特別仕様ナンバープレートを交付する際に、登録自動車(自家用)・登録自動車(事業用)・軽自動車(自家用)の3種類に分けられ、登録自動車(事業用)のナンバープレート外枠には緑色のラインで囲っており、軽自動車(自家用)のナンバープレート外枠には黄色のラインで囲っており、登録自動車(事業用)、軽自動車(自家用)を認識しやすくするためにラインがペイントされています。

ラグビーワールドカップや東京オリンピック・パラリンピック特別仕様ナンバーではペイントされていなかったが、大阪・関西万博特別仕様ナンバープレートにはこのような工夫がされています。

大阪・関西万博特別仕様ナンバープレートの申請や料金等について

万博記念ナンバー ナンバープレート見本

交付スケジュールについては、あくまでも現段階の予定となっているが、事前申し込みは「2022年9月下旬頃」となっており、交付開始日については「2022年10月下旬頃」を予定しております。

対象車両については、新車・中古車の購入時だけでなく、現在お乗りの車も番号を変更することなく、特別仕様ナンバープレートに交換できる。

料金については、今のところ正式な発表はなく、2022年9月下旬頃に公表予定となります。

過去の特別仕様ナンバープレートの料金は、ラグビーワールドカップ特別仕様ナンバープレートは、7,080円~9,200円(寄付金なし)となっており、東京2020オリンピック・パラリンピック競技大会特別仕様ナンバープレートでは、7,300円~9,500円(寄付金なし)となっていることから、大阪・関西万博特別仕様ナンバープレートの料金についても大幅な変更はなさそうだろう。
※2022年9月下旬頃に公表予定

ラグビーワールドカップ特別仕様ナンバープレート、東京2020オリンピック・パラリンピック競技大会特別仕様ナンバープレート共に、1,000円以上の寄付をすることにより、フルカラー版を選択することができる制度がありましたが、大阪・関西万博特別仕様ナンバープレートについても、この制度が適用されます。

ちなみに、寄付金は大阪・関西万博の開催に関連した交通サービスの充実等に充てられるので、万博の開催支援に繋がります。

ナンバープレートの使用終了後には、不正使用防止のための穴を開けた上で、記念品として保存することができます。

筆者も以前、東京2020オリンピック・パラリンピック競技大会特別仕様ナンバープレートを装着していたのですが、記念保存できる点は、ありがたいと思いました。

さいごに

万博記念ナンバー さいごに

日本で行われる世界的規模のイベントが開催されるごとに、このようなデザインナンバープレートが登場するのが、最早常識的な感じになってきました。

筆者は、街中を走っている時に他車のナンバープレートを見ることが趣味に近いので、図柄入りナンバーを見ると心が踊ります。

実は先日、全国版の図柄入りナンバープレートを見ました。

以外にも、色合いが薄めでパッと見では図柄入りナンバープレートとは認識しづらい感じがしました。

大阪・関西万博特別仕様ナンバープレートは、上述した通り、万博イメージのロゴで赤色が使われているため、目立つものになりそうな予感です。

すでに所有しているクルマにも、取り付けできるので、すでに筆者の中で万博ナンバーに変更しようかなぁと検討中です。

取り付けた際には、またご報告させてもらいますので是非、楽しみにしていてください。

それでは、今回も最後まで読んで頂き、ありがとうございました。

コメント

タイトルとURLをコピーしました