EAT8(8速エフィシェント・オートマチック・トランスミッション)

車の情報

欧州市場、激戦区のBセグメントのプジョー 208と、ルノー ルーテシアに試乗に行ったので個人的な比較をした

こんにちは、SCPです。 今回は、筆者が次に乗りたいクルマの候補として「フランスコンパクトカー」をメインに考えており、これまで各ホームページやYouTube等の紹介動画を見ており、これは実際に自分で乗って確かめるしかないなと言うこと...
新車レビュー

コンパクトやSUVだけではない、プジョー渾身のフラッグシップセダンとなる508は上品なスタイリングが印象的

プジョー 508(PEUGEOT 508)は、2011年に初代モデルが登場し、2018年に現行型である2代目が登場した。 初代モデルでは一般的な4ドアセダンであったが、最大のターゲットである中国市場での不振を踏まえ、5ドアファストバックスタイルへと転換され、全高を40mm抑えたことから、流麗なプロポーションとなり全幅は同じだがワイド&ローな出で立ちへと変化した。
新車レビュー

快適さを追求したシトロエン C5 AIRCROSS SUV。魔法の絨毯と言われる走行感覚に、誰もが驚き虜になるだろう

シトロエン C5 AIRECROSS SUV(CITROEN シーファイブ エアクロス エスユーブイ)は、2017年、上海モーターショーにて初登場し、同年末に中国での販売が開始される。 その後2019年2月にヨーロッパで販売開始され、同年5月より日本でも販売が開始された、クロスオーバーSUVである。
新車レビュー

じわじわと人気の兆しが見えるプジョーのLAV(レジャー・アクテビティ・ビークル)、リフター。利便性の高さが、様々なアクティビティを広げる

プジョー リフター(PEUGEOT RIFTER)は、2018年3月6日にジュネーヴモーターショーにおいて初公開され、日本市場には2019年10月18日に日本向け仕様が発表され、翌日よりオンライン予約注文の受付を開始した。 ここ最近、リフターのようなLAV(レジャー・アクテビティ・ビークル)が人気を集め、
新車レビュー

躍動的なコンパクトボディに、実用性にも富んだプジョー 308は今後もプジョーの中心となるモデルへ

プジョー 308(PEUGEOT 308)は、2007年より初代モデルが販売され2013年に現行型である2代目が登場した。 2021年現在、2代目となった308は2018年にビッグマイナーチェンジが行われ、トランスミッションをグループPSA(プジョーシトロエン)でも続々採用されている
新車レビュー

洗練された新たな内外装、新デザインの3列シートにより上質になったプジョー 5008

プジョー 5008(PEUGEOT 5008)は、2009年に初代モデルが登場し、2017年に現行型である2代目が登場した。 初代モデルでは、ミニバンスタイルを持つモデルであったが、2代目から一転SUVスタイルへと変更された。 ...
新車レビュー

フランスらしいオシャレな雰囲気に、力強さが印象的なプジョー 3008。扱いやすいボディサイズで、日本でもじわじわ人気のあるモデルへ

プジョー 3008(PEUGEOT 3008)は、2009年に初代モデルが登場し、2017年に現行型である2代目が登場した。 本国を含むヨーロッパでは、2代目の一般公開から約半年間で10万台のオーダーを獲得し、内訳としてその半数は過去にプジョー車を所有したことがない
未分類

プジョーの唯一のセダン(ファストバック)である508。プジョーらしい洗練されたデザインに、快適に過ごせる先進技術の充実化によってゆとりのある移動空間を実現

プジョー 508(PEUGEOT 508)は、2011年より販売され2018年に現行型である2代目が登場した。 日本へは2018年11月に、まずサルーンの「ファーストエディション」が60台限定で先行投入され、2019年3月より本格導入を開始し、同年6月にSWの導入を開始した。
新車レビュー

プジョーのエントリーモデルである、208。欧州の激戦区であるBセグメント界隈で鍛え上げられたポテンシャルの高さが見えた

プジョー 208(PEUGEOT 208)は、2012年より販売され2019年に現行型である2代目が登場した。 日本市場では、2020年7月2日より販売を開始し、今回のラインアップではガソリンエンジンモデルと、100%電気自動車である「e-208」の2モデルでの販売構成となる。
タイトルとURLをコピーしました