揺るがない軽自動車界のトップ ホンダ N-BOX

N-BOX 外観 新車レビュー

ホンダ N-BOX(HONDA エヌボックス)は2011年に登場し、発売直後から数々の賞を受賞し、軽4輪車部門の新車販売台数では2014年を除いて首位を獲得 ※2014年の首位はダイハツタント

更にホンダ4輪車史上最速となる累計販売台数100万台を達成するという大ヒットを記録しホンダと言ったらN-BOXというような看板車種に登り詰めた。

そんな初代の功績を踏まえ、2017年に発表販売された現行型N-BOXについて、発表から3年経った今でも人気の理由を掘り下げてみる。

現行型N-BOXは、2グレード用意され、親しみのあるデザインの『N-BOX』精悍なデザインの『N-BOX カスタム』で構成される。

価格は、141万1,300円~199万6,500円

シンプルでありながら洗練されたデザイン

2011年発表から、今日までN-BOXは新車販売台数でほぼトップに君臨し続ける、ベストセラー商品になる。私も街を車で走っていると初代のみならず現行型のN-BOXを見る機会がよくある。もはや、見慣れてしまって街にすっかり溶け込んでいる感じがする。


個人的ではあるが、先代から現行型のデザインは誰が見てもN-BOXだ!と分かる様に、大幅なエクステリアの変更点は無いように思う。ただ、カスタムグレードに関しては、先代モデルよりも引き締まり精悍なデザインである。

N-BOX カスタム
N-BOXカスタムの外観

初代モデル発表から6年でフルモデルチェンジを行い、同じスパンで次期モデル発表を考えると2023年だが、このタイミングで大幅にエクステリア変更を期待したい。

軽最大級の居住空間と使いやすさ

ホンダの思想である、「メカは小さく、人のための空間は大きく」というように、N-BOXはあらゆるシーンで使い勝手抜群の居住空間が生まれる。


このような、空間を生み出すホンダの特許技術である「センタータンクレイアウト」によるものである。通常は、後席や荷室の下にあり、そのぶん床を高くしている燃料タンクを前席の下にレイアウトすることで、居住空間を劇的に拡大出来ている。

センタータンクレイアウト
センタータンクレイアウトのイメージ


こちらの恩恵により、後席では大柄な方(177cm)でも足を組んでゆったりできるシート間隔を実現。

後席 空間
177cmの男性が後席に乗っている様子

ホンダのお家芸である、低床にすることにより室内高(140cm)にゆとりが生まれ、小さな子供の着替えが伸び伸びできるのと、背の高い荷物などの積載も楽々だ。

N-BOX 室内空間
N-BOXの室内空間

BRIGHTZ N BOX JF3 JF4 メッキドアハンドルカバー 皿 【 DHC-SARA-099 】 JF F3 F4 3 4 NBOX N-BOX エヌボックス エヌ ボックス Nボックス 34293

取り付けは、商品付属の両面テープです。

車両によっては、お客様ご自身で両面テープを増していただく必要がある場合がございます。

加工等が必要になる場合もございますので、必ず取り付けが出来る業者へご依頼下さい。

説明書は付属しておりません。

出品者情報にも大事な事を記載しておりますので、必ずご確認いただきご理解いただいた上でご購入下さい。(ご購入いただいた時点で、全てご理解いただいた事となります。)

先進安全機能を装備し、安全性にも抜かりなく

現行型N-BOXには、全グレードにホンダの先進安全運転機能システムの「Honda SENSING」を標準装備。フロントガラスには単眼カメラを、フロントバンパー右側にミリ波レーダー、リアバンパー両側にソナーセンサーを搭載することで、前後方での危険をいち早く察知し未然に事故を防ぐ。

単眼カメラ ソナー
単眼カメラとソナーの搭載位置

更に、衝突軽減ブレーキ(CMBS)を進化させて、横断中の自転車にも検知し対応する。夜間の見えづらい歩行者にも検知するので、運転者の安心感はよりアップ。

N-BOX衝突軽減ブレーキ(昼夜)
左:衝突軽減ブレーキ作動イメージ(自転車) 右: 衝突軽減ブレーキ作動イメージ(夜間の歩行者)

ホンダのi-VTECのスムーズさとターボの力強さ

現行型N-BOXは、ホンダならではのi-VTECエンジンの恩恵により、街中や坂道、高速道路でもスムーズでストレスなく走れるのだ。i-VTECエンジンの燃費はWLTCモードで21.8km/L(20.4km/L)と燃費も合格点だ。

ターボエンジンでは、電動ウエストゲートが必要トルクに応じて過給圧をコントロールし、ターボならではのパワフルな走りとレスポンスの向上に寄与している。

ターボエンジンの燃費は20.4km/L(19.4km/L)とターボ車でも十分な燃費効率を実現。

N-BOX i-VTEC
N-BOXに搭載されるi-VTECエンジン

HONDA 新型N-BOX専用 ミラー格納キット custom エヌボックス カスタム DBA-JF3/DBA-JF4専用 ホンダセンシング対応

  • スマートキーでミラーの操作が可能
  • ドアロックに連動したミラー格納の閉じる動作が後付け可能に、アンロックに連動しミラーが復帰します 
  • 接続する全ての配線の先にカプラーが付いているので難しい取り付けなどは一切ありません
  • 全ての配線にカプラーが付いているので配線の切断する必要がなく取り外しの際にお車の配線を傷つけたり破損する事は無いので安心
  • 取付け方法の動画やオールカラーの取り付け説明書で迷うことなく取り付けが可能です

スマートキーのLockボタンを押すとドアロックが施錠されミラーが格納されます。
Unlockボタンを押すとドアロックが解除されミラーが復帰します。
ロックのかけ忘れやミラー格納忘れを補助!!
Unlockで解錠後25秒ほどすると自動でドアロックが掛かりミラーが格納されます。
鍵の閉じ込防止の為車外でUnlockボタンを一度押して頂いてから使用できる機能となります。
※ACCオンでミラー復帰にも切り替え可能(詳細は説明書にてご覧ください)

プラットフォームの強い骨格による高い衝突安全性能の向上

平成29年度自動車アセスメント(JNCAP)において最高評価である”衝突安全性能評価ファイブスター賞”を受賞した。※自動車アセスメントとは、日本で実施されている自動車の安全性評価。アメリカで実施しているNCAPの日本版である。

ボディ骨格には、ホンダ独自の「G-CON」により、軽量かつ高強度な素材を各所に配置し、衝突時の安全性を確保するとともに、相手車両に与えるダメージも軽減する。

G-CONボディ
G-CONボディ

N-BOX LEDルームランプ ホワイト 室内灯 ホンだ NBOX JF1 JF2 JF3 JF4専用設計 純正交換 爆光 車用 カスタムパーツ JF3/JF4カスタム対応不可 LED バルブ 内装パーツ 取付簡単 一年保証 4点セット (ホンダ N-BOX 用)

  • 製品情報:LEDルームランプ 【適合車種】: ホンだ N-BOX JF1/JF2(H25.12~H29.7)(※ご注意:必ずご愛車側の純正電球のソケットをご確認ください、純正電球はT10×31mmソケット(ヒューズ管のようなタイプ)の場合、型式、年式が一致しても適合不可です) JF3/JF4(H29.8~)(JF3/JF4カスタム対応不可)【発光カラー】:ホワイト 6000K 【セット内容】:フロントマップランプ ×2 、センターランプ×1、ライセンスランプ×1、全4点。
  • 高輝度LEDチップ採用:本製品は車の室内の明るさを求めるために、一つLEDの中に発光点が三つ搭載されている3チップSMDを採用していますので、驚きほどの明るさ、室内を明るく照らします。
  • 専用設計のフィット感:本製品は純正のN-BOXから採寸し、専用に設計されたLEDルームランプなので、配線や加工などは要りません。
  • 取付簡単:専用設計された製品なので、純正のルームランプと交換するだけの簡単な取り付け、誰でも簡単に取り替えることができます。
  • 一年保証:初めてのお客様にも安心していただけるよう、三つのお約束:安心対応、迅速発送、一年保証。出荷前、全ての商品は点灯試験を行っております。万が一、発送途中にて個別の商品は何の問題がございましたら、ご連絡を頂けると必ず迅速に対応致します。商品の不具合が発生した場合は、返金や無償で新しい商品と交換をさせて頂きます。

N-BOXの快進撃は止まらない

2020年以降も、N-BOXの販売台数は上昇していくだろう。老若男女が安心して運転できる機能や衝突安全性能も高い。クルマを日常で使うというよりも、このクルマで色々なところに行きたくなるようにすらさせてくれる。ファミリー層には、多彩なシートアレンジでお出かけの範囲も広がるし、男性ウケするカスタムグレードのエクステリアデザインは洗練されているし、カスタムグレードには軽初のシーケンシャルウィンカー(いわゆる流れるウィンカーです)を採用しているし、ランプ類はフルLEDを採用し夜間の視認性にも寄与している。

シーケンシャルウィンカー
N-BOXのシーケンシャルウィンカー

2019年度には、兄弟車のN-SLASHも含めてだが25万3,500台を記録し、新車販売台数を5年連続1位を獲得するなど快進撃が止まらない。
次期モデルは数年先にはなるが、ここまで築きあげたN-BOXをより良いモノにして、今後もN-BOXの進化に期待する。

コメント

タイトルとURLをコピーしました