新車でMT車に乗りたい!そんな要望にお答えする、新車でMT車をラインアップする車種一覧はこちら。今回はトヨタについてお伝えします。

車の情報

こんにちは、SCPです。

私が、免許を取得した際には既に「AT限定」がありましたが、私含め周りの友人は迷わずMT車の教習を受けていることが普通でした。(若干、AT限定で教習を受ける女性の知人もいましたが、女性でもMT車を取得するのが一般的だった)

時代も変わり、いつからか運転免許を取得する際にも「AT限定」が普通になって、会社などで後輩に聞くと男女問わずほとんどが「AT限定」の免許を取得している状態に驚いたことがあります。

しかし、市場にはほとんどがAT車となっており、MT車を乗る機会が非常に少なくなってきたのも「AT限定」が増えた原因と考えられます。

しかしながら、やはりクルマをMTで意のままに駆け抜けたい、クルマを操っている気分を感じたいなど、少なからずMT車を乗りたいと思っている方もいるのではないでしょうか?

そんな気持ちを叶える、新車でMT設定がある車について、今回はメーカーを「トヨタ」に絞ってお伝えします。

カローラスポーツ

トヨタMT車 カローラスポーツ

2018年より販売されている、カローラスポーツはTNGAプラットフォームを採用し、開発されたモデルになっており、まさに「カローラ」の新しい船出となったモデルである。

販売開始から、2ヶ月後には待望の6速MT車をラインアップし、走りの愉しさを追求するモデルが誕生した。

トヨタMT車 カローラスポーツシフトノブ

そして、カローラスポーツのMTはただのMTじゃないのが特徴で、カローラスポーツに搭載されるMTは「iMT(インテリジェントマニュアルトランスミッション)」と呼ばれます。

この、iMTの特徴は発進時や変速時にクルマの動きに最適なアシストをする、とても賢いMTとなっています。

発進時には、クラッチ操作を検出し、エンジン出力を最適に調整(トルクアップ)することで、クラッチのみでの発進操作をよりスムーズに行うことができます。

一昔前だと、少しアクセルを煽りながら発進したものです。(これをしないとエンストしてしまうクルマもあった)

さらに、ドライブモードセレクトでSPORTモードを選択した場合に、iMTがスタンバイ状態になり、この状態で運転者の変速動作(クラッチ操作、シフト操作)を検出すると、変速後のエンジン回転数を合わせるよう制御することで、スムーズな変速フィーリングをアシストするのだ。

なので、昔のMT車のように回転数が合わなく次のギアに入りにくいといった現象を抑えてくれるので、初心者の方でも慌てずにシフトアップ/ダウンできることによって、クルマを操る愉しさを感じることができます。

カローラスポーツ(MT車)の価格は

グレード燃費(WLTCモード)価格
G X 6MT15.8km/L216万9,000円
G 6MT15.8km/L234万0,000円
G Z 6MT15.8km/L252万1,000円
特別仕様車G Style Package 6MT15.8km/L244万0,000円

参考URL:https://toyota.jp/corollasport/

カローラ/カローラツーリング

トヨタMT車 カローラ・カローラツーリング

カローラスポーツの販売開始後、セダンタイプとワゴンタイプのラインアップを追加し誕生したのが、カローラ(セダンタイプ)とカローラツーリング(ワゴンタイプ)である。

こちらも、カローラスポーツ同様MT車モデルには「iMT」設定車が存在し、カローラスポーツ同様MT車の操る愉しさを実感することができる。

カローラ(MT車)の価格は

グレード燃費(WLTCモード)価格
W×B 1.2L TURBO15.8km/L242万4,400円

カローラツーリング(MT車)の価格は

グレード燃費(WLTCモード)価格
W×B 1.2L TURBO15.8km/L247万3,900円

参考URL:https://toyota.jp/corolla/ https://toyota.jp/corollatouring/

カーメイト 車用 シフトノブ RAZO レジンスポーツ MT ホワイト RA101

汎用品のシフトノブになります。

ゲート式AT車やMT車に最適。

握りやすい丸型形状で、シフトのダイレクト感アップ

カローラアクシオ/カローラフィールダー

トヨタMT車 アクシオ フィールダー

カローラ/カローラツーリングの前身にあたる、カローラアクシオ(セダンタイプ)とカローラフィールダー(ワゴンタイプ)は、未だに新車のラインアップが有り、いずれも5速MT車のラインアップがされている。

カローラスポーツやカローラで採用されている「iMT」は搭載していないものの、アシストが無い分、運転者の意のままにギアを選び走っていくことができるので、MT車をもっとうまく操りたいという方には、最適で運転者を育てるクルマと言っていいでしょう。

カローラアクシオ(MT車)の価格は

グレード燃費(WLTCモード)価格
EX 2WD MT17.2km/L154万6,600円

カローラフィールダー(MT車)の価格は

グレード燃費(WLTCモード)価格
EX 2WD MT17.2km/L169万8,400円

参考URL:https://toyota.jp/corollaaxio/ https://toyota.jp/corollafielder/

ヤリス/GRヤリス

トヨタMT車 ヤリス GRヤリス

2020年に、これまで「ヴィッツ」として日本市場で販売されていたコンパクトカーが、「ヤリス」という世界共通の名称に変更し、いまや街中でもよく見る程人気の高いヤリスだが、こちらにもMT車の設定がある車種になっている。

5ナンバーサイズのコンパクトカーに6速MTの組み合わせが、キビキビ走るコンパクトカーをイメージする。

こちらも、「iMT」の設定はされず、一般的な6MTが兼ね備える。

GRヤリスは、トヨタ自動車のスポーツ車専門ブランド『GR』を展開する「GAZOO Racing カンパニー」が開発した車種で、ハッチバッククーペ型のスポーツカーになる。

GRヤリスには、通常のヤリスには搭載されていない「iMT」を搭載するので、力強い走りが魅力のGRヤリスを効率よく操ることができる。

ヤリス(MT車)の価格は

グレード燃費(WLTCモード)価格
X 1.5L 6MT 2WD19.6km/L154万3,000円
G 1.5L 6MT 2WD19.6km/L170万1,000円
Z 1.5L 6MT 2WD19.6km/L187万1,000円

GRヤリス(MT車)の価格は

グレード燃費(WLTCモード)価格
RZ13.6km/L396万0,000円
RZ High performance13.6km/L456万0,000円

参考URL:https://toyota.jp/yaris/ https://toyota.jp/gryaris/

日本刀 刀 シフトノブ ロング 変換アダプター付 8mm 10mm 12mm ねじ込み式 延長 金 ゴールド Life Palette

日本刀の柄をイメージしたシフトノブ。

和風なデザインでJDMに最適。

C-HR

トヨタMT車 C-HR

2016年より販売開始される、コンパクトSUVであるC-HRにも6速MT車の設定がある。

これまで紹介してきたMT設定がある車には、セダンやワゴン、ハッチバック、コンパクト等、MT設定があるボディタイプとしてスタンダードだが、C-HRのような小型SUVにも6速MTの設定がある。

2019年のマイナーチェンジによって、カローラやカローラツーリングと同じ1.2Lターボ車に「iMT」搭載の6速MTが設定されている。

SUV+MTは、中々珍しい組み合わせになっているので、SUVに乗りたいけどMTは中々無いよなーという方にピッタリのクルマではないでしょうか?

C-HR(MT車)の価格は

グレード燃費(WLTCモード)価格
S-T 6MT 2WD15.4km/L238万2,000円
G-T 6MT 2WD15.4km/L268万2,000円
S-T GR SPORT 6MT 2WD15.4km/L278万2,000円

参考URL:https://toyota.jp/c-hr/index_c.html

コペンGR SPORT

トヨタMT車 コペン

元々、ダイハツからラインアップされる軽オープンカーのコペンですが、2014年に販売開始され5年後の2019年に、コペンGRスポーツをトヨタ自動車にOEM供給することになり、トヨタ販売店でもコペンが購入できる販売網を作り上げた。

コペンは、軽自動車オープン2シーターでやはりMT設定が用意されている。

採用される5速MTは、1・2速に採用のダブルコーンシンクロと、ケーブル式シフトにより心地よいシフトフィーリングを実現しており、気持ちの良い走りが魅力的だ。

軽自動車ということも有り、税制面で優遇されるなどランニングコストでメリットが高いため、長くMT車を乗りたいという方にもオススメできる車種である。

コペンGR SPORT(MT車)の価格は

グレード燃費(WLTCモード)価格
GR SPORT 5MT18.6km/L243万5,000円

参考URL:https://toyota.jp/copen/

86

トヨタMT 車 86

2012年に、トヨタの名車レビン/トレノの通称であるAE86の後継者となっているトヨタ86にも、もちろんMTの設定がある。

トヨタとスバルの共同開発である為、エンジンはスバル社製の水平対向エンジンが組み合わされ、低重心ボディの「THE・スポーツカー」のフォルムがかっこいい!

搭載される6速MTには、シフト構造の徹底的な見直しを行い、ギアの噛み合う瞬間が手のひらで感じ取れ、操作感と意のままに操る楽しさを実感できる味付けが加わっており、まさにクルマを操る愉しさとドライバーを育てるような愉しさが86には詰まっている。

MT+スポーツカーなら、86の検討は絶対通る道ではないだろうか?

86(MT車)の価格は

グレード燃費(WLTCモード)価格
G12.8km/L267万1,900円
GT12.8km/L303万7,100円
GT Limited12.8km/L324万2,800円
GT Limited・Black Package12.8km/L341万8,800円

参考URL:https://toyota.jp/86/

カーボンパネルを使用した、MT車用ペダルセット。

操作性やドレスアップ向上に貢献します。

さいごに

トヨタMT車 ペダル

トヨタの現ラインアップのMT車について紹介しましたがいかがだったでしょうか?

巷では、やはりAT車が多く、往年のスポーツカーもATのみの設定となっているクルマも現代では当たり前のようになってきました。

しかしながら、中には昔からMT車を乗り継いできたため、MT車でなければダメな人も少なからず存在しているので、MT設定のあるクルマは、重宝されるであろう。

筆者は、クルマの運転免許を取得してから自分でMT車を所有したことはないが、何度かMT車に乗る機会があった時に、やはりMT車は面白いと感じました。

MT車を乗ると、クルマがどのようにして動いているかの仕組みも理解できるので構造関係が好きな人にもオススメできる。

MTは、クルマをもっと知れるしクルマのポテンシャルを引き出す事のできる、アナログだが最適なトランスミッションなのだろう。

走る愉しさ、クルマの楽しさを知るにはMT車に果敢に挑戦することだろう。

コメント

タイトルとURLをコピーしました