新車レビュー

新車レビュー

新型トヨタカローラが新プラットフォームTNGAを採用し、上質なテイストに生まれ変わった

トヨタ カローラ(TOYOTA COROLLA)は、1966年から販売している小型5ドアセダンで歴史のあるクルマだ。2019年に最新型のモデルが販売され、トヨタのTNGAに基づくプラットフォームを持つ正に全てにおいて刷新したモデルが登場した。
新車レビュー

歴史がもたらす、熟成された新型ロードスター。魂動(こどう)デザインによりよりスタイリッシュに。

マツダ ロードスター(MAZDA Roadster)は1989年5月にアメリカで販売が始まり、日本国内では同年9月1日に発売された。当時のマツダは、5チャンネル体制を敷いており、その内のユーノス店の第一車種として「ユーノス・ロードスター」の名称で発売された。
新車レビュー

新プラットフォームDNGAを採用し、全て刷新されたダイハツロッキーの魅力に迫る

2019年11月5日より、ダイハツより小型SUVのロッキー(DAIHATSU ROCKY)が発売された。全長3,995mm全幅1,695mm全高1,620mmの5ナンバーサイズSUVであるロッキーは、ダイハツのDNGAのAプラットフォームを初めて採用したモデルにもなっている。
新車レビュー

海外で磨きをかけた新型トヨタRAV4が、日本で発売。本格派オフロードとしての能力を発揮する

新型RAV4(TOYOTA RAV4)が約3年ぶりに日本での販売をはじめた。5代目となる今回のRAV4だが、日本では3代目までしか販売はされておらず、4代目は日本未発売モデルであった。元々、RAV4は北米市場での人気が高く、
新車レビュー

アグレッシブで力強いエクステリアを纏いながらも、快適性も備えた現行型ヴォクシー

トヨタ ヴォクシー(TOYOTA VOXY)は、初代モデルを2001年11月16日に発売し、今日までトヨタのミニバン販売台数の中心となっている1台だ。 先代モデルからフルモデルチェンジまでの期間を見ると、2014年1月20日発売開始の現行モデルはモデル末期になるが、
新車レビュー

コンパクトミニバンの礎を築いたシエンタ クールでスタイリッシュなデザインに「アガる」が詰まった機能が満載

トヨタ シエンタ(TOYOTA SIENTA)は、2003年9月に初代モデルを発表・販売を開始した、今やトヨタのコンパクトサイズミニバンとして中核を担うモデルになる。2015年にフルモデルチェンジを行い、現行型モデルが発売されたが、
新車レビュー

日産の最新技術を詰め込んだ新型日産デイズ

日産デイズ(NISSAN DAYZ)は2013年に登場した、軽トールワゴンである。こちちらの車両は、三菱自動車工業が製造、販売をするeKシリーズとの共同開発車として、日産と三菱の合弁会社NMKVが開発し、三菱自動車が製造するクルマである。
新車レビュー

歴史と伝統が現代に息づく、スズキジムニーはさらにオフローダーとしてのポテンシャルを高めた。

スズキ ジムニー(suzuki jimny)は1970年4月に軽自動車初の本格4輪駆動オフロード車として発表した。発表されると、維持費が安い軽自動車でありながら、大型4輪駆動車以上の機動力を持つ、実用性で「それまでにはない軽自動車」として、市場に大きく評価された。
新車レビュー

揺るがない軽自動車界のトップ ホンダ N-BOX

ホンダ N-BOX(HONDA N-BOX)は2011年に登場し、発売直後から数々の賞を受賞し、軽4輪車部門の新車販売台数では2014年を除いて首位を獲得 ※2014年の首位はダイハツタント 更にホンダ4輪車史上最速となる累計販売台数100万台を達成するという大ヒットを記録しホンダと言ったらN-BOXというような看板車種に登り詰めた。
新車レビュー

毎日の使い勝手の良さを実感 新型タント

ダイハツタント(DAIHATSU Tanto)は、2003年に登場してから今日までリリースされるロングセラーモデル。ダイハツの軽自動車といえば、『ムーヴ』というイメージが強いが、そのムーヴよりも居住性の拡大を図ったモデルとして、タントが生まれた。
タイトルとURLをコピーしました