Toyota Safety Sense(トヨタセーフティセンス)

新車レビュー

本格的グローバルモデルとなり新登場したハリアー。大ヒット間違いなしの予感

トヨタ ハリアー(HARRIER)は1997年より初代モデルの販売開始となり、2020年6月17日4代目ハリアーとしてフルモデルチェンジされたものが販売開始された。 今回のフルモデルチェンジによって、本格的グローバルモデルとなっており、北米市場では、2020年に2代目ヴェンザとして販売される予定となっており
新車レビュー

5ナンバーサイズセダンの底力を魅せるトヨタ アリオン

トヨタ アリオン(ALLION)は、2001年に初代モデルが登場し2007年より現行型である2代目になり、販売され続ける5ナンバーサイズセダンである。 以前、販売されていたカリーナの後継車種であり、2,700mmのロングホイールベースによるクラストップレベルの
新車レビュー

TNGAの採用により、全てにおいて刷新されたカムリは完成度の高いクルマ

トヨタ カムリ(CAMRY)は、1980年に初代モデルのセリカ・カムリが前身モデルとなり40年の歴史を誇るロングセラーモデルとなっている。 ゆったりとした直進安定性と居住性を持ち、ロングクルージングを意識した前輪駆動のセダンをコンセプトに開発されたトヨタの高級セダンとなっている。
新車レビュー

トヨタMIRAIは、その名の通り未来のクルマ?MIRAIを掘り下げる

トヨタ MIRAI(ミライ)は2014年12月15日から販売される、世界初のセダン型燃料電池自動車の量産車である。 2015年1月15日には、市販第一号車となるMIRAIを首相官邸に納車しており、MIRAIの年間販売目標が400台なのに対し、発売開始より約一か月で大きく上回る約1,500台を受注している。
新車レビュー

働く車の定番となっているプロボックスにハイブリッド仕様追加し更なる進化へ

トヨタ プロボックス(Probox)は、2002年7月に初代モデルの販売が開始し、2014年8月から現行型にあたる2代目が販売されている。今日では、街中を走ってる姿を見ないことはないくらい、日本中の道路を走っているプロボックスだが、
新車レビュー

これが本当の高級ミニバン?トヨタ グランエースに迫る

トヨタ グランエース(GRANACE)GDH303W型は、2019年2月から新興国むけとして販売されているハイエース(H300系)をベースにした、ハイグレードワゴンである。海外向けモデルでは、名称が異なりオセアニアでは「グランビア」、タイでは「マジェスティ」の名称で販売されている。
新車レビュー

車名から全てを刷新した、トヨタ ヤリスが登場

2020年が始まり早くも2月に入ったが、前々から登場の噂があった、トヨタの新型ヤリス(TOYOTA Yaris)が2月10日から発売が開始する。トヨタ ヤリスは、元々1999年から発売されている、「ヴィッツ」からの正統後継車であり、
新車レビュー

新型トヨタカローラが新プラットフォームTNGAを採用し、上質なテイストに生まれ変わった

トヨタ カローラ(TOYOTA COROLLA)は、1966年から販売している小型5ドアセダンで歴史のあるクルマだ。2019年に最新型のモデルが販売され、トヨタのTNGAに基づくプラットフォームを持つ正に全てにおいて刷新したモデルが登場した。
新車レビュー

アグレッシブで力強いエクステリアを纏いながらも、快適性も備えた現行型ヴォクシー

トヨタ ヴォクシー(TOYOTA VOXY)は、初代モデルを2001年11月16日に発売し、今日までトヨタのミニバン販売台数の中心となっている1台だ。 先代モデルからフルモデルチェンジまでの期間を見ると、2014年1月20日発売開始の現行モデルはモデル末期になるが、
タイトルとURLをコピーしました