PEUGEOTミラースクリーン

新車レビュー

新感覚のドライビングプレジャー、先進的装備が新たなステージへと誘うプジョー e-2008

プジョー e-2008(PEUGEOT e-2008)は、2019年2代目となる2008と同時に販売を開始したフルEV小型SUVだ。 フランス車メーカーの中でも、特にEV化が進んでいるプジョーだが、現在のラインアップの中でEVモデルを過半数以上設定があり、EVモデルが急速に広まりつつあります。
新車レビュー

じわじわと人気の兆しが見えるプジョーのLAV(レジャー・アクテビティ・ビークル)、リフター。利便性の高さが、様々なアクティビティを広げる

プジョー リフター(PEUGEOT RIFTER)は、2018年3月6日にジュネーヴモーターショーにおいて初公開され、日本市場には2019年10月18日に日本向け仕様が発表され、翌日よりオンライン予約注文の受付を開始した。 ここ最近、リフターのようなLAV(レジャー・アクテビティ・ビークル)が人気を集め、
新車レビュー

フランスらしいオシャレな雰囲気に、力強さが印象的なプジョー 3008。扱いやすいボディサイズで、日本でもじわじわ人気のあるモデルへ

プジョー 3008(PEUGEOT 3008)は、2009年に初代モデルが登場し、2017年に現行型である2代目が登場した。 本国を含むヨーロッパでは、2代目の一般公開から約半年間で10万台のオーダーを獲得し、内訳としてその半数は過去にプジョー車を所有したことがない
新車レビュー

プジョーのエントリーモデルである、208。欧州の激戦区であるBセグメント界隈で鍛え上げられたポテンシャルの高さが見えた

プジョー 208(PEUGEOT 208)は、2012年より販売され2019年に現行型である2代目が登場した。 日本市場では、2020年7月2日より販売を開始し、今回のラインアップではガソリンエンジンモデルと、100%電気自動車である「e-208」の2モデルでの販売構成となる。
タイトルとURLをコピーしました